FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Patisserie Bebe(愛知県東郷町) 

なかなかタイミング合わず、先月久しぶりの訪問。
ちょっと遅めの時間で売り切れモードでしたが、ちょうどタルトフレーズが追加される幸運。



タルト・オ・フレーズ:935円(イートイン10%税)

ようやくご対面となった今期のバージョン。


間にクレームパティシエールを挟み、飾り付け程度のトッピングも。

以前は、酸味強めの苺とアロマティック系ピスターシュの組み合わせが、時として尖った印象に感じる事もあったものの、そこを優しく包み込んで調和するように。

その反面で苺とピスターシュの香り高さをマスキングしているような部分も感じられるかなと。

味重視ならあった方が良く、香り重視ならなくても良いようなイメージで、個人的には、その時の気分などによって良くも悪くも感じてしまうような今バージョン。

ただ1つ確かなのは、コストカット等のマイナスな変化でなく、以前よりグレードアップさせるための前向きな変化であり、とても好印象です。



フィナンシェ:194円

東京の人気洋菓子店が足元にも及ばない香り高いフィナンシェ。しかも2~3割安いです。



ガトー・バスク:540円


ランバダ:497円


タルト・オ・フリュイ・セック:432円

焼き菓子系トリプルコンボ。
これらも前向きな変化がなされ、同じ品名の物を他でも食べたことがありますが1~2枚抜けている印象。



家に帰ってもう1発。
素人としては2つは食べないと確認できない部分があったりします。


ラーメン屋とかでありがちなのですが、店が意図してレシピを変えた時に、必ず何割かの人は「味が落ちた」「改悪」等の言い方をするのですよね。

実際に何かを変えるって常にアッパー調整はなく、多少の後退や遠回りしながら少しずつ前進するもので、そもそも慣れた物が変化したら最初は違和感に思う方が自然。

ファンが多くついている人気店や人気商品ほど、変えることはリスクが大きいと思われ、それを承知で現状以上を目指すお店はかなり萌えます。

逆に食べ物に限った話ではないですが、この先ずっと良くも悪くもならない状況・条件には何の魅力も感じられない。

何となく行ってみたお店ではなく、期待を持って訪問したお店は、ただその瞬間の感想だけでなく、その奥やその向こう側まで勝手な想像をしたい人なのです。


スポンサーサイト



category: べべ

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/3638-4640bc52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム