FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

GOLDEN RIVER(和歌山県有田川町) 

2020/03/20 Fri 16:00訪問
ゴールデンリバー


続いてまだ新しいブルワリーパブへ。
ビールは「ノムクラフト」の名で販売されており、有田川沿いの醸造所&飲食店舗は「ゴールデンリバー」。



保育園を改装したような感じ。
ちなみにブルワリーパブは田舎が多いせいか、サイクルスタンドが設置されている事が多いです。

飲食店の方はアパレルなども売られており、広々とした綺麗な店内。



8タップあり、自社ビールが4品、他のメーカーも4品


Hazy the Bardarian:1100円

ボトル販売されてないヘイジーIPA。
かなり良いですが、ボトル販売の予定はないとの事で、実店舗ならではの希少価値。



ファヒータ:1100円

パサめの鶏ムネ肉にかなり辛めの味付け。
大手のビールなら良いですが、アロマホップ爆発のビールには合わないかなと。



Mad Hatter’s BerryParty:1100円

東京のメーカーとのコラボ。
わざわざ作ったコラボ商品もボトル販売しないという謎。

2種類を2杯ずつ飲んで飲食店を後にし、ちょっと工場見学させてもらう事に。



醸造はアメリカ人の方が1人でやられているよう。
この日の製造は終了しており、掃除して終わりみたいなタイミングでしたが、快く対応していただけました。



タンクがいっぱい要ります。



ドライホップ2weeks。

大手メーカーのビールは廉価な麦芽とホップを一緒に仕込みますが、ホップに火入れすると香りが死ぬので、麦芽を煮詰めて麦汁を作ってから、時に何回かに分けて特殊なアロマホップを投入。

何事も良いものを作るためにはコストがかかります。



麦芽もいろいろ使い分けて。



まだ名前の付いてない新種ホップ。
開封してあった別の物を少し食べさせてもらうと、ココナッツ系の風味があり、いよいよそこにも来るのかと。

アロマホップは他にオレンジ、グレープフルーツ、パイン、マンゴー、マスカット、桃、メロン、ライチなど。
もちろん植物なので青草っぽさや松ヤニのような香り、花やハーブっぽさもあったりと。

もし食材の一つとするなら、知る限りアロマホップ以上に香りのキャラクターに富んだ食材はなく、もう飲み比べが楽しすぎて仕方ないレベル。



とても良い体験をさせていただき、また行きたいと思います。


スポンサーサイト



category: 関西

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/3647-1ce3661f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム