FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Patisserie Avalon(名古屋市天白区) 

2020/06/20 Sun 11:00訪問
アヴァロン


目的地~目的地のちょうどルート上で、時間調整にもちょうど良かったので、久しぶりに。
開店少し前に到着するも、駐車場待ち&入店待ちで、到着から店を出るまでに30分強。

何でも最近オーナーが変わったそうで、その待っている間ずっとショーケース内は5種類のみ、その内3品は苺ショート、プリン、ブリュレと簡単な物で、いわゆるイルプル品は2品だけ。

実質新店であり、落ち着いてない今の段階では仕方ない部分もありますが、11:00~15:00の短時間営業で、開店してしばらくの時間に半分ほどしか出ないなら、それは公表しておかないと不誠実かなと。



スリー


ル・ミレジム

と言うことで、購入も2品。

味の方は美味しかったですが、知っている味であり、きっちりとその枠内で作られているものは、ちょっと飽きてしまったなと改めて実感する結果に。

新たな感想や発見は難しく、感激はさすがにもうないなと。


で、余談として、これまでのアヴァロンの個人的な印象を。

と言っても、味・価格・接客など、一般的に評価されるお店の好みとは全く別の話で、共感する人が全くいないような事ですが。

まず、こじんまりした店舗ですが、作業場が見えない造りになっており、どんなジャンルや規模の飲食店でも、そういったお店は好きではないのですよね。

イメージとしての信用の問題もあるのですが、何となく冷たく感じるような。

さらにこちらの商品は、寸分違わずキチッとカチッとした長方形や半円のケーキが多く、どこか機械的というか、無機質というか、かなり大げさに言えば血が通ってないような印象を受けてました。




こんな感じで、持ち帰りという部分においては安心感ありますが、面白みに欠ける印象。
ひょっとしたら、こういう形でカチッと保形できる物以外はあまり作りたくないのかな?とも思えたり。

ただ、ここ最近は新商品も多く、円形や三角形の物も多々あり、少し前に貰い物で食べたものも加減がきいてないようなバランスの味で、何らかの変化もあるのかなとも。

そんなイメージの中で、今回は明らかにシェフが変わった事を実感できる、緩くて保形しきれないスリーと、均整にはこだわってなさそうなミレジムを見て、むしろ好印象に。

また落ち着いた頃には行ってみたいかなと思います。


スポンサーサイト



category: 愛知

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2020/07/11 13:41 | edit

Re:

なるほど合理化!そう言われるとしっくりきます。
新オーナーは後を継ぐくらいなので理想は高いと思いますが、どうなりますかね。
ちなみにこの日に並んでいた他のお客さんは、ケーキなら何でも良い感じで、むしろスリーとミレジムが残ったので、洋菓子の比重が大きくなるのも仕方ないかなと。

いやーシブーストは気持ちとしては今年最大のテーマでした・・

hiccolo #- | URL | 2020/07/11 20:55 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/4010-57c461ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム