FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

第1回ビール会 

いつからか宴会的な「飲み会」ではなく、真面目に「飲む会」を主催したい願望が芽生えまして、行きつけの飲食店主と酒屋店主に協力いただき、ひとまずスタートしてみようと。

僕を含めた3人固定で、当面は真剣に飲んでくれそうな知人に声かけ募集するイメージですが、いつか10人強の規模でのイベントっぽくなったら良いなと。

今回は急だったので、酒に興味はあってもあまり飲んだ事のない20歳の若者1人のみ追加で。



記念すべき初回はクラフトビールの主流ジャンルとなった「IPA」をテーマに、その経路と派生を追って。

IPAの成り立ちは、日持ちのためアルコール度数を上げ、さらに防腐効果のあるホップを多使用したという経緯があり、元は味を追求して作られた物ではないのですよね。

しかし現在の主流になっている「アメリカンIPA」「ウエストコーストIPA」と呼ばれる物は、アロマホップを手間をかけて大量に使用し、華やかな香りが特徴なビールに。

さらにそこからの派生で、現在は~IPAと呼ばれる物が30種類以上に細分化される勢いですが、ひとまず今回は主流なものを少しだけ。



1本目「ラグニタス:IPA」

まず最初にアメリカンIPAの元祖と言われる物から。
アロマホップだけでなく、モルトの旨みや酵母のクセなど、特徴的かつバランスの良い逸品。



2本目「ブリュードッグ :パンクIPA」

世界的に有名かつ人気で、僕もそうですがここからハマる人も多いと言われる銘柄。
比較的入手も容易で、価格も店によるも400円前後とリーズナブルで、入門用や基準値として良いです。



3本目「グースアイランド:グースIPA」

アメリカでも主流の西海岸ではないところから。
これも比較的に入手容易&廉価な方ですが、バランス良く入門用に良い感じ。




4本目「リヴィジョン:IPA」

3年ほど前の設立ながら、すでに確固たるポジションを築いたアメリカのメーカー。
ホップジャンキーがこぞってファンになるほど、強烈なアロマホップの使い方をするイメージです。



5本目「ヤッホーブルーイング:インドの青鬼」

日本では最もメジャーなIPA。
比較してしまうとだいぶ劣りますが、税込300円ほどなので、構えず気軽に飲むなら良いです。




6本目「ワイマーケット:ヒステリックIPA」

日本代表はワイマで。
個人的にアロマホップの香らせ方に関してはワイマが最も良いと思います。



7本目「ワイマーケット:4Dシムコー」

同メーカーのIPAでも、シムコーというホップをフューチャーした品。
個人的に好きなホップで、柑橘や桃のようなフルーティさに加え、松のようなクセのある風味が良い味出します。



8本目「ブリュードッグ :ケイエスセオリー」

アロマホップの華やかさそのままに、モルトの特徴も強化させたタイプも参考に1つ。



9本目「ストーン:エンジョイ バイ アンフィルタードIPA」

こちらも世界的に大人気のメーカーで、賞味期限37日の超限定品。
これは「ダブルIPA」とされるIPAの強化版で、味わいもアルコール度数も上がってパワフルな飲み心地に。

ちなみに元は2倍の意味でのダブルではないのですが、今は倍のような意味で、トリプルIPAなんてのもあります。



10本目「ワイマーケット:エイジオブディスカバリー」

新たな時代を作った「ニューイングランドIPA」と呼ばれるスタイル。

濁った液体からトロッとした口当たり、派手さのあるフルーティな香り、ジューシーで果実味にも感じるウェットな甘みなど、一般的なビールとは対極な味わい。

これで原材料が普通のビールと同じ麦芽とホップだけと言うのは、今もって信じられないレベル。



11本目「ブリュードッグ :ヘイジージェーン」

同じくニューイングランドIPAですが、わりとライトに。



12本目「ワイマーケット:ウィートウィング」

パンチの効いた物が流行ると、その対極となる物も出るもので、「セッションIPA」と呼ばれるライトなタイプ。
香りの華やかさはそのままに、アルコールは4%前後に抑えられ飲み口には爽快感も。

これはさらに小麦の甘みも強調されて、無限に飲めそうな仕上がりに。



13本目「ブリュードッグ :ウィッシングウェル」

その上記の対極する2つが混ざった「セッション・ニューイングランドIPA」なるスタイル。
こうなってしまうと新たなジャンルが作り放題で、そのうちIPAは100種類超えるような気がします。



14本目「ブリュードッグ:ジェイウォーカー」

ラストは王道のウエストコーストIPAで。



実際は長時間で雑談しながらもっといろいろ追加で飲んでますが、思ってた事はでき、好評も得て、少し夢が叶った感じ。

ここからが始まりで、この先に夢の続きがあれば感無量です。


スポンサーサイト



category: イベント

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/4052-ef90a89a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム