食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

AIGRE DOUCE(東京都新宿区) 

2015/03/21 Sat 10:00訪問
エーグルドゥース


続いて目白にあるケーキ屋さんへ。
「日本一美味しいケーキ屋は?」というテーマでは必ず名前が挙がるお店です。

開店前に到着してしまったので、ちょっと窓から店内の様子を覗いてみたら、窓際で商品チェックをしていた寺井則彦シェフと思いっきり顔を合わせてしまいました。

それから笑顔で店内に迎い入れていただき、そのまま近くにいたので商品について質問をしてみたところ、とても丁寧な説明をしてもらえ、何だか得した気分でした。



4点購入。
カフェエリアは13時からとの事なので、すぐ近くにある高級住宅に囲まれた小さな公園で食べました。



フレジエ:560円


洋酒はきいてないとのことでしたが、あまりに美味しそうなので買いました。

ビスキュイ生地はアーモンドの風味がしっかりあり、苺のシロップもちょうど良い量。
まったりめのムースリーヌはコクがありつつクドさなく、苺もたっぷり入って酸味が心地よく。

表面はメレンゲで、少し焦がしてラインを入れるなど、細部まで細かいことをしてます。
フレジェとしては少し物足りないですが、苺のケーキでは過去最高クラスの美味しさでした。



トルシュ・オー・マロン:580円


注文を受けてからクリームを絞って作られるモンブランで、1時間に食べてくださいとのこと。
賞味期限1時間の理由は「メレンゲが湿気らないよう」という意図が主なようです。

マロンクリームは思いっきり栗そのものの味で、余分なものが一切入ってないような栗の味がします。

洋栗と思いますが、栗きんとんっぽい和栗の風味もありちょっと珍しい感じ。
ホロホロと崩れてしまったほどの軽さですが、食感はしっかりあり。

メレンゲはサクサク感もありますが、とにかく軽くてフワフワと。
これを湿気らしたくないのはよく分かり、絶品のモンブランです。



トリュフ・ロワイヤル:600円


洋酒がしっかりきいているとのことで買ってみました。

両端を板チョコで挟まれ、ガナッシュ・ビスキュイの層に土台はサブレっぽいカチカチの焼き菓子。
濃厚なチョコづくしですがクドさはなく、後味でコニャックが鼻に抜けます。

見た目ほど重くなく、美味しいチョコケーキでした。



フォレノワール・ア・ラ・ピスターシュ:560円


「黒い森」の意味のフォレノワールに、ピスタチオのグリーンをプラス。

下のチョコレートケーキは濃厚でしっとりし、チェリーの酸味がほど良いアクセント。
キルシュではなく赤ワインをきかせてるとのことで、控えめながらアルコール感もあり。

ピスタチオクリームはチョコの味に押されながら、風味は強めでコクもあり。
伝統のフランス菓子のアレンジ系としては、珍しく美味しいと思えました。


どのケーキも美味しく、パーツの1つ1つにまで徹底的なこだわりを感じれました。
ケーキの味以外の要素も含めてで、もしお店の順位づけをするなら、今まで行った中では1番の印象です。

目白は旅行コースには入れにくい場所なのですが、東京に来たらなるべく行くようにしたいお店です (´∀`)



2015年3月20~22日
二郎(港区:ラーメン)
パリの空の下(世田谷区:パン)
ブルーボトルコーヒー(港区:コーヒー)
俺のフレンチ/イタリアン(港区:フレンチ)
フグレン(渋谷区:コーヒー)
アステリスク(渋谷区:ケーキ)
エソラ(渋谷区:バー)
コーヒーバレー(豊島区:コーヒー)
エーグルドゥース(新宿区:ケーキ)
シニフィアンシニフィエ(世田谷区:パン)
ノジーコーヒー(世田谷区:コーヒー)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
あずま(新宿区:洋食)
ポールバセット(新宿区:コーヒー)
ゴリラコーヒー(渋谷区:コーヒー)
オーボンヴュータン(世田谷区:ケーキ)
丸山珈琲(世田谷区:コーヒー)
ラトリエドゥプレジール(世田谷区:パン)
フィオッキ(世田谷区:イタリアン)
ラヴィエイユフランス(世田谷区:ケーキ)
猿田彦珈琲(渋谷区:コーヒー)
俺の焼き鳥(品川区:居酒屋)
オリーヴォ(品川区:オリーブオイル)


スポンサーサイト

category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆_エーグルドゥース(東京:ケーキ) 
TB: 0    CM: 4   

コメント

実は東京にいます。

 エーグルドゥースと、お多幸本店行ってきました(^^)

 仕事で来たので、洋菓子店はここだけになりましたが、モンブランは食べましたよ!ミルフィーユの方が印象良かったですね!モンブランだけならアステリスクの方が、印象良いかも。ケーキ4個と焼き菓子3個と、どぜう鍋も行ってきました(^^)

 明日の昼過ぎに帰りますので、パリ空が今週だけ休みなのが心残りです(笑)

カズ∞ #- | URL | 2016/10/14 23:29 | edit

Re:カズ∞さん

ちょっとタイミングの悪い出張でしたね (;´∀`)

モンブランは和栗か洋栗かでちょっと違う物の印象ですね。
和栗だとアステリスクや新宿四谷のラ・プレシューズ、洋栗だとアテスウェイやエーグルドゥースが良かったです。

お多幸は名物なのか分かりませんが、江戸前っぽい味な気がして1度は良いですね。

どぜう鍋の方が江戸前で名物な感じですが、僕はどじょうを食べた事がなく、10年後くらいに挑戦しようと思います。

hiccolo #- | URL | 2016/10/15 21:03 | edit

 魚系は苦手なんですよね。どじょうは初めてでしたけど、味付けが濃いめで臭さを隠してる感じがしました。食べ進める内に、臭さが口にのこり少し残してしまいました。
今回は、1人の食事でなかったので、老舗巡りをしてみました。
 後、つばめグリルでランチもしました。全部、僕のお店選びです。

 モンブランに関しては、どうも和栗が好みみたいです。オータニのスーパーシリーズも和栗で好みですので…。和栗の方が、ねっとり濃いめの食感になるのでしょうか?作り手の仕上げ方なんですかね~。深く分かりませんが、どのジャンルでも、美味しい物は美味しいと感じられる味覚を得たいと思います。

カズ∞ #- | URL | 2016/10/16 01:23 | edit

Re:カズ∞さん

うなぎは中国産以外なら結構好きなのですが、基本的に魚介系は好んで食べないですね。

特にどじょうなど、ごく一般的に食べられてない魚は、やはり美味しくない事が理由だと思うので手を出せません。
それでも人生で一度は経験しようと思ってますが、今はまだ早い気がします (;´∀`)

つばめグリルはタイミングが合えばどこかの店舗に行ってみたいですね。

僕は栗オタクでもありまして、栗きんとん愛好者で、モンブランも和栗派です。
確かに和栗の方がねっとりして濃く、栗を強く感じられますが、ひょっとしたら慣れ親しんだ味だからかもしれません。

モンブランは元々フランス菓子なので和栗は邪道なのかもしれませんが、この時期は和栗に限ります (´∀`)

hiccolo #- | URL | 2016/10/16 20:51 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/434-431e5594
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム