食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

ラーメン二郎:新小金井街道店(東京都小金井市) 

2015/04/24 Fri 17:00訪問
ラーメン二郎 新小金井街道店


東京・寄り道のシメは二郎にて。 

17時開店の15分前に着きましたが、平日だけに先客は1人だけ。
その後ポツポツと増え、開店時間になり10人ほどに。



各店でメニューや味が違いますが、この小金井店は「辛いの」という謎のものがあるようですが、いつも通り小ラーメンの食券を買い席へ。



水はサーバーからのセルフ式。

浄水されているのかなと飲んでみよう思ったら、油が浮いてました・・
コップなのか、水そのものに混ざっているのかは不明ですが、飲めません。

さて、お腹は全然減ってないものの、せっかくなので「ニンニクヤサイ」かなと思っていると、麺固めのオーダーで早くできあがった隣の方が「ニンニクヤサイ」と。

その量が尋常じゃなく、ビビってしまい、「ニンニク少なめで」とコール。



小ラーメン:730円


二郎にしては少し値段高めですが、通常でこの野菜と肉の量。


麺はやや平たい太麺ですが、麺の量もなんだか他より多い気が・・

こちらの麺はプニプニ・モチモチして絶妙な噛み応えがあり、二郎の麺で初めて美味しいと思いました。
さらに、麺固めのオーダーは失礼と思うほどの仕上がりです。

肉は4切れで、柔らかく煮込まれ脂も多めでパサツキなく、ほぐしたような肉もあり。
野菜はほぼモヤシでシャキシャキと。

そして、背脂が他店のマシより多いのではと思われるほど大量で、白い固形物がプカプカ浮いてます。



何もかも多いので食べ疲れ、二郎で初めてスパイス的なものを足してみました。



それでも自分が食べた二郎では一番美味しかったです。


もっとも個人的には、世の中の半分以上のラーメン屋は二郎より美味しく、東京で何年も営業しているラーメン屋は、ほぼ全店が二郎より味は良いのではと思ってます (;´∀`)

ただ、誰しも自分の中で「代わりのきかない食べ物」があると思います。

二郎も決して他のラーメンでは代用できません。
地元エリアの二郎系に行っても、二郎より美味しくてもそれは別物で、失望と後悔が残ります。

「二郎のラーメンが特別に美味しいわけではないが、食べずにいられない」
「二郎はラーメンではなく二郎という食べ物である」

これらの有名な言葉を、残念ながら理解できます。 

そんな比類のない「ラーメン二郎」に、僕は敬意をもって、どんなに不味くても訪問します (;´∀`)



2015年4月24~26日
ダンディゾン(武蔵野市:パン)
レピキュリアン(武蔵野市:ケーキ)
さとう(武蔵野市:デリカ)
アテスウェイ(武蔵野市:ケーキ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
ねじまき雲(国分寺市:コーヒー)
二郎(小金井市:ラーメン)
茂原ツインサーキット(茂原市:レース)
いしい(勝浦市:ラーメン)
ピネキ(館山市:お土産)
ビンゴ(南房総市:ハンバーガー)
富士屋(木更津市:ラーメン)


スポンサーサイト

category: ラーメン二郎

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/470-3a87a5a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム