食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

パリの空の下:その2

クロワッサン以外のヴィエノワズリーと、今回は普段は買わないサンドイッチも買ってみました。



マルジョレーヌ:250円


このお店にしては小さめのパンで、ブリオッシュ生地にオレンジが入っているだけのシンプルさ。

生地はバターと玉子の風味がしっかりあり、パンとは思えないほどの口溶けの良さ。
オレンジはマーマーレードみたいな感じの物ですが、香りが凄く良いです。

フランス菓子は味が濃いと思ってたのですが、本物は味ではなく香りが素晴らしく。
このオレンジも初めて感じる香りで、しばらく忘れられない気がします。



ピスターシュ:350円


前回食べてますが、折り込みのブリオッシュ生地で凄く美味しいです。

フランス菓子のピスターシュは杏仁っぽい香りがします。
ある時からその杏仁のような風味がピスタチオであることを理解できました。

同じくして、一般的な杏仁豆腐の風味がアーモンドで作られているものだと、はっきり分かりました。
食べ物に限らず、経験を積むことで突然理解できることは多いです。



ステーキサンド:850円


厚めのサーロインがたっぷりと。

焼きはレアですが、もちろん中心部までしっかり火が通っていて、生っぽさや臭みはなく。
ソースは赤ワインのような風味があり、完全にフランス料理の味付けです。

破格の安さで最後の1個でしたが、これは食べれて良かったです。



生ロモ:750円


生ロモとはスペイン風生ハムだそう。

スペインの生ハムだとハモンセラーノになると思うのですが、見た目は完全に生肉。
それでも臭みはなく、しっかり熟成された旨味があり。

何の味か良く分かりませんでしたが、深みのあるスパイスも印象的でした。



豚フィレ・スービット:650円


スービットは真空調理法とのことで、特殊な火入れのよう。

なかなか見れないような綺麗なロゼの豚肉。
これだけ厚みがあってもしっとり柔らかく、肉自体に味は付いてないようで豚の旨味がはっきりわかります。

これも異常に安くて美味しく、毎日食べたいくらいです。


パンが美味しいことは分かってましたが、今度はサンドイッチに衝撃を受けました。

たいていのベーカリーだと、サンドイッチのフィリングは業務用だったり既製品で。
しかし、こちらの自家製フィリングは、ちょっとしたレストランでも食べれないような肉料理でした。



2015年6月4~7日
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
ルルソール(目黒区:パン)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
シニフィアンシニフィエ(世田谷区:パン)
かんな(世田谷区:カフェ)
ボブスリブジシロ(世田谷区:バー)
スドウ(世田谷区:パン)
プレジール(世田谷区:ケーキ)
ラトリエドゥプレジール(世田谷区:パン)
堀口珈琲(世田谷区:コーヒー)
袖ヶ浦フォレスト(袖ヶ浦市:レース)
いずみ食堂(木更津市:食堂)


スポンサーサイト

category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/513-b5b0df2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム