雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

費用対効果の真意 

先日、横浜で3軒の有名なラーメン屋に行きました。

値段は普通のラーメンで700円前後。
その中でラーメン二郎は最安値ですが、量は他店の倍近く、感覚的には3倍近いです。

こういう話をするとみんな二郎はお得、今はコスパが良いとか言いますが、本当にそうなのか (´・ω`・)?

食べた感覚からは、コスト(原価)とパフォーマンス(売価)の割合は、各店舗そんなに差がないのではと感じました。


まあ、コスパとは「自分がかけた費用に対しての価値」という意味かもしれないですが、
それでも、本質を見ずに印象だけで判断してしまうのは危険かと思います。

安いけど・見た目の印象は良いけど、実質として良くない物はたくさんある。

道具なんかは、安いものはすぐに使えなくなる。
パンなんかは、見た目が大きくても、軽くてスカスカなものがある。

さらには、立命館首席でも頭の悪いヤツだっているのです (ヽ'ω`)


コスパが良いとか言っちゃう前に、その物の本質も良く考えると間違えが起こりにくいかと。


なお、最近では、恋愛や結婚はコスパが悪いと考える人が多いとか。

その使い方も違う気がしますが、内容に関してはおおむね同意します (・∀・)


スポンサーサイト

category: 戯言

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/619-74bd144b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム