雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

Patisserie Rond-to(長野県上高井郡小布施町) 

2015/09/22 Tue 11:15訪問
ロント

original6.jpg
長野県でも最も評判の良いケーキ店。
オーナーシェフは国内外の有名店で修行され、故郷でこちらのお店をオープンされたそうです。

生ケーキの他に、パン・常温のタルト・焼き菓子がセルフ式で売られ、そちらの方が人気のよう。
レジ待ちの行列ができるほどながら、ケーキの売り切れはなく、パン・タルトに売り切れが出る珍しいケーキ屋です。

イートインするつもりで自転車で行ったのですが、順番待ちだったので断念。



で、細心の注意を持ってテイクアウトしましたが、やはり少し崩れました。

パンも買いましたが、生ケーキ4つ分を。



ロント:486円


店名をあしらったケーキ。
ほぼチョコレートでできており濃厚でややビター。 しっとり・ねっとりとした食感ながら、クドさはなく。

地元産と思われる栗のかけらが入ってますが、味はチョコに負けてしまい消されて食感だけのアクセント。
栗の主張がもう少しあったら、とても印象に残るケーキだったかもしれません。



ババ オ ロム:432円


ブリオッシュ生地にたっぷりのラム酒。
特別な感想はないですが、生クリームとカスタードはちゃんとして美味しかったです。



フランボワジェ:410円


ビスキュイ生地に、フランボワーズのバタークリーム・ソースの層。
表面のアーモンドダイスもフランボワーズ味に仕事され、ピスタチオもトッピング。

生地はアーモンド風味のビスキュイで、しっかりした固さながらシロップも打ってありパサツキなく。
バタークリームは重さはなく口溶けよく、適量のソースが味も食感もマイルドに。

とても美味しいですが、酸味より甘みが勝って果実感が足らず、個人的な好みとは違いました。



シブスト ブラムリー:389円


ブラムリーとは小布施町で作られる青リンゴで、生食ではなく料理用だそうです。

薄いキャラメリゼにクリームはほぼカスタード、ザックザクの香ばしいタルトにメレンゲを加えられたブラムリー。

ブラムリーは甘酸っぱくシャキシャキして美味しいですが、一般的なリンゴと大きな差はなく。
タルト生地はアールグレイが香った気がして、味・食感ともにとても好みでした。


全てしっかりした味でボンヤリとした感じなく、美味しかったです。
驚くような味のものはなかったですが、値段を考えるとかなり高いレベルに感じました。

フランボワジェなど、あれだけ手間をかけたものが410円だと、苺ショートなんて買えません (;´∀`)

次回はパン・焼きっぱなし系になります。


スポンサーサイト

category: 甲信越

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆_ロント(長野:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/637-2646547a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム