雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

2015/11/05 Thu 18:45訪問(13:45並び)
ブランジュリー パリの空の下

cIMG_5804.jpg
手軽なフレンチを食べ、フランス菓子を食べ、マイヨジョーヌ色のパリの空の下へ。

この旅の目的を果たすため、19時ごろ開店のこのお店に14時前に行くと、すでに先着2名。 
まあ、午前中どころか、朝早くから並ぶ人もいるらしいので、まだ良い方でした (;´∀`)

行列のできる飲食店は全国にたくさんあり、僕自身けっこう並んでみる事は多いです。

しかし、実際に食べてみて、並んだ価値があったと心から思えたのはこのお店だけ。
美味しい飲食店はどこにでもありますが、他では絶対に食べられない味のお店は、今まででここだけです。

と、5時間並んだし、めったに来れないしで、たくさん買ったので4回に分けて。



クロワッサン:400円


浅くてムラのある焼き、とてもキレイとは言えない成形と折り込み層、ありえないような重厚感。
正直、今もってどう見ても、全く美味しそうには思えません。

そんな風に、ずっと正しいと思ってたことを全否定され、自分の概念を完全に覆されたクロワッサン。
これを初めて食べた日から、パンだけでなく、全ての食べ物への価値観が変わりました。



クロワッサン・ブール:450円


パンは焼きが強ければ、必然的に香ばしさやサクサク感が出ると思います。
しかし、焼きが浅くてもそれらを出し、なおかつ生焼けにせず中までしっかり火を通す。

そして、焼きが浅ければ水分を飛ばさずにすみ、たっぷりのバターがしっかり残せます。
素人考えですが、このクロワッサンに真髄のようなものを見ました。



クロワッサン・ジャンポン:550円


ハモンセラーノ入り。
クロワッサンに惣菜系が入っているのは好きではないですが、このお店は別です。



クロワッサン・ニンニク味噌:550円


ニンニクが強烈かと思ったら、それほどでもなく、むしろ香りが良いと感じるほど。
ほのかな味噌の風味も良く、もちろん美味しいです。



マロン:550円


過去2回食べているピスターシュを楽しみにしてましたが、今回はマロンでした。
ブリオッシュ生地にしっかり仕事された香りの良い栗がゴロゴロと。



ナポリテーヌ:750円


ショーソンの形で、パイ生地にたっぷりのカスタード。

とにかくバニラの香りがすごく、タヒチ産だそうですが、かなりの量が入ってます。
それでいて玉子の風味やコクもしっかりあり、生地も文句なく美味しい。

ショーソン・ナポリタンは聞いたことはあっても置いているお店はなく、初めて食べました。
そして、こんなパンが存在するのかと今回も衝撃でした。


と、この6種類だけではないですが、夢中で食べました (´∀`*)

クロワッサンは他店の3倍ほどの重みがあるので、少食な方なら1個でお腹いっぱいになるレベル。
僕は20個でも食べれそうですが、このときばかりは大食漢で良かったと思えました。

しかし、これが本当のクロワッサンなら、ずっと食べていた物は何だったのか。
また、パリではこのレベルのものが普通に食べれるのなら、なんと羨ましいことか。

怒りにも似た悔しい思い、羨望と嫉妬、味が分かっているつもりでいた自分への羞恥など。
改めて今回食べながら、いろんな感情が入り混じりました。

しかし、逆にポジティブに考えれば、幸運にも日本でも食べることが、本物を知る事ができます。

有休取って、お金も時間も労力もかかりますが、それだけの価値が充分にあるかと。

今後も都合がついた時は、万難を排してこのお店に行こうと思います (´∀`)


スポンサーサイト

category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/702-fe946bd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム