食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

鉢ノ葦葉(三重県四日市市) 

2015/12/19 Sat 18:00訪問
鉢ノ葦葉(はちのあしは)


三重県食べ歩きの最後は、四日市の人気のラーメン店へ。
ラーメンWalker東海版では、常に三重県でトップ争いの評判のお店です。

夜の部の開店10分前に行きましたが、先客は駐車場に3台で車内待機。
開店後も穏やかな客の入りで、夜の早い時間では大行列という感じではないようです。



メニューは少なめで、麺の大盛り無料。

オススメの塩ラーメンのトッピング増量Ver.である、特製塩をオーダー。



特製塩(大盛り):980円



焦がしたネギの浮かんだスープで塩にしては色が強め。
魚介の出汁を強く感じ、鶏の風味もジンワリと。 強めでしっかりした味わいがありつつ、後味も良いです。

麺は加水が多めでツルツルとして小麦の香りが強くあり。
柔らかめでしなやかな口当たりですが、プツンとする歯切れとコシの強さを感じます。

最近は、やたらと麺が固いお店が多く、その上に固めのオーダーをする人が多いかと。
どうも麺固めが正義と言うか、スタンダードになっている印象があります。

ただ、固いとコシは別物であり、ちゃんとコシのある麺なら柔らかめの方が良いかと思います。
こちらの麺はそれを実感できる、適度な弾力のある柔らかさでした。

そんな感じで、麺の主張は強めながら、スープもそれに負けず、とても良いバランスです。



チャーシューは豚と鶏の2種類。 海苔2枚も違う種類ものでした。
半熟の煮玉子、小松菜、メンマ含めて、具は全て美味しかったです。



わずかに感じる化学調味料すらも、手抜きやコスト削減でなく味の微調整のために使われたのかと。
そう感じさせるほどの完成度に思えました。


今まで食べた塩ラーメンでは最も美味しく、良いラーメンを食べれました。

最近の人気のラーメン屋は、インパクトの強いお店・王道から逸れたようなジャンルが多い印象ですが、こちらは正統派の直球勝負です。

個人的にもラーメンは邪道な系統の方が好きだったりしますが、そういった変化球のお店ばかり行ってると、直球の凄さが分からなくなる危険があります。

実際、僕の周りの人間は、出汁の味がしない化学調味料たっぷりの店ほど旨いと言いますし (;´∀`)

他の物も食べて見たいですが、再訪の機会あれば、また特製塩をオーダーすると思います (´∀`)



2015年12月19,20日 三重遠征
壱番窯(桑名:パン)
カフェ ド アン(桑名:カフェ)
ル・コパン(桑名:パン)
シェ・ニノ(朝日町:ケーキ)
はなび(桑名:ラーメン)
フェーブ ド カカオ(桑名:ケーキ)
四日市中央緑地公園(四日市:ランニング)
新味覚(四日市:餃子)
鉢ノ葦葉(四日市:ラーメン)
鈴鹿ツインサーキット(鈴鹿:ママチャリレース)
あおき(鈴鹿:うなぎ)


スポンサーサイト

category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆_鉢ノ葦葉(三重:ラーメン) 
TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/756-a3be6ff0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム