食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

嘯月(京都市北区) 

2016/01/09 Sat 9:30訪問
嘯月(しょうげつ)


続いては、上生菓子なら日本一とも評される老舗店へ。

日時指定の予約が前日までに必要な完全受注生産。 当日フラッと行っても買えません。
「一見さんお断り」とは違うものの、なかなか敷居が高いです。

店内も商品は一切置いてなく、予約品を受け取って支払いをするだけなので必要最低限のスペース。

予約と言ってもHPがあるわけでもないし、どんな商品があるのかは分かりません。
なので「当日作られるものを1種ずつ」と予約し、この日は5個でした。



そんな感じなので品名も分からず、どれか1つだけ500円で、他4つは430円だそう。



桃色のきんとん


写真がボヤけましたが、そぼろ状の部分はとても細かく繊細で、技術の高さが伺えます。
中は粒餡で美味しい餡ですが、これだけ繊細で滑らかなお菓子はこし餡の方が良さそうな気もします。

何にせよ、味・食感共に、和菓子としては初めて食べたような美味しさでした。



上用饅頭っぽいもの。


温泉饅頭のように蒸されているようで、表面の皮はペタペタとした手触りで、ふっくらしつつもパサつき感はなく。
たっぷりのこし餡はキメ細かく滑らかで、しっかりした甘みもあり。

シンプルながら、完成された美味しさを感じます。



こなし系。


外側のピンクに着色された餡は、蒸しが入っているためかあっさりと。
中のこした白餡は文句なく美味しいです。



ややアイボリーのきんとん。


とても繊細で触れた部分は平らになっていき、思わずペタペタ触ってしまいました。

外側はやや粘り気があり、上用饅頭と同じものか分かりませんが、山芋系が入っているよう。
中の餡は黄身の味がしないので白餡の着色かな。 個人的にも上生菓子に鶏卵はいらないと思います。



これもこなしかな。


もっちりとした弾力があり、ういろうのような印象もあり。
味は薄く甘みも控えめでした。


きんとんは凄かったです。
どうやって崩さずに箱入れしたんだろうと、いろいろな道具で実験したものの無理でした (;´∀`)

「洋菓子は足し算」「和菓子は引き算」そんな素材の使い方で味を引き出すイメージがあり、どちらもメリット・デメリットはあっても、一定以上の美味しさが出しやすいのは洋菓子の方かと。

そんな原材料の少なさで、見た目も素晴らしいですが、味も限界近い完成度に感じます。

最近は、和菓子も洋菓子も甘さ控えめがもてはやされますが、ここは甘いはずの餡はちゃんと甘く、それでいて重さやクドさも感じず何個でも食べれそう。

これくらいの物だと、いろんな種類を見てみたいし、食べてみたくなります。

京都旅行では、また予約して行こうと思います (´∀`)



2016年1月9,10,11日 京都旅行
日記
塩芳軒(上京区:和菓子)
嘯月(北区:和菓子)
松屋藤兵衛(北区:和菓子)
クロア(北区:パン)
加茂みたらし茶屋 (左京区:和菓子)
ナカガワ小麦店(左京区:パン)
甘泉堂(東山区:和菓子)
彩席ちもと(下京区:和食)
末富(下京区:和菓子)
エス(下京区:ケーキ)
古川町商店街(東山区:食べ歩き)
出町ふたば (上京区:和菓子)
エズブルー(上京区:パン)
アルチザナル(上京区:パン)
Dari-K(中京区:チョコ)
松屋常盤(中京区:和菓子)
グランヴァニーユ(中京区:ケーキ)
末廣(中京区:寿司)
一保堂(中京区:お茶)
月餅屋 直正(中京区:和菓子)
タンドレス(左京区:ケーキ)
マルシン飯店(東山区:中華)
エレファント ファクトリー(中京区:コーヒー)
第一旭(下京区:ラーメン)
新福菜館(下京区:ラーメン)
懐古庵(中京区:宿)
京都の地酒


スポンサーサイト

category: 関西

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆_嘯月(京都:和菓子) 
TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/771-9568387e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム