食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

末富(京都市下京区) 

2016/01/09 Sat 14:30訪問
末富


再び有名和菓子屋さんへ。
明治創業だそうですが、京都では創業100年くらいだと歴史が浅いとか?

看板もありながら、逆に1度通り過ぎたほどのあまりに立派な建物。
今回、こちらを含めて9店の老舗和菓子屋さんに行きましたが、鉄筋コンクリートはこの店舗だけでした。


店内も広くキレイで、ショーケースに上生菓子の見本、棚に焼き菓子・干菓子が並びます。
カウンターの後ろの広いスペースでは、多くの店員さんが梱包・発送手配をしてました。



上生菓子を3品だけ購入。



花びら餅:756円


塩芳軒でも買ったお菓子を食べ比べですが、こちらは驚きの値段。
ケーキはおろか、明らかに手間や材料費がかかっているフランス菓子よりも高い価格。

薄いピンクに着色された餅はふっくらして適度な弾力。
味噌風味の餡も甘さと塩気のバランスが取れ、味付けされたゴボウも香り良く。

ちゃんと美味しいですが、原材料は餅・小豆・ゴボウ・砂糖と、大まかには多分これだけ。
僕が無知なだけかもしれませんが、なぜこの値段になるのか分かりません。



白猿きんとん:465円


白猿はトッピングのこと?

そぼろ状の餡は黒糖の風味が強く、山芋系の粘り気もあり。
中の白餡は上品な味で黒糖の風味に負けますが、黒糖メインのお菓子と思えば美味しく食べれます。



紅梅餅:540円


こちらは柔らかめの餅に白餡。
かなりあっさりして、あまり特徴なく。


和菓子は専門店でちゃんと作られたものなら、味は大して変わらないと思ってましたが、結構差がありました。

無難には美味しかったですが、一緒に食べた塩芳軒嘯月のお菓子の方が美味しかったです。

それでも安ければこちらの方が良いという見方もアリですが、高いので難しいですね。

まあ、勝手なイメージですが、外観や店内の様子から、危険な有名店パターンというか、
ケーキ屋やパン屋なら完全に失望する雰囲気のお店だったので、負のバイアスがかかっているかもしれません。

干菓子などは良さげな印象でしたが、上生菓子はここで買わなくていいかなという印象です (;´∀`)



2016年1月9,10,11日 京都旅行
日記
塩芳軒(上京区:和菓子)
嘯月(北区:和菓子)
松屋藤兵衛(北区:和菓子)
クロア(北区:パン)
加茂みたらし茶屋 (左京区:和菓子)
ナカガワ小麦店(左京区:パン)
甘泉堂(東山区:和菓子)
彩席ちもと(下京区:和食)
末富(下京区:和菓子)
エス(下京区:ケーキ)
古川町商店街(東山区:食べ歩き)
出町ふたば (上京区:和菓子)
エズブルー(上京区:パン)
アルチザナル(上京区:パン)
Dari-K(中京区:チョコ)
松屋常盤(中京区:和菓子)
グランヴァニーユ(中京区:ケーキ)
末廣(中京区:寿司)
一保堂(中京区:お茶)
月餅屋 直正(中京区:和菓子)
タンドレス(左京区:ケーキ)
マルシン飯店(東山区:中華)
エレファント ファクトリー(中京区:コーヒー)
第一旭(下京区:ラーメン)
新福菜館(下京区:ラーメン)
懐古庵(中京区:宿)
京都の地酒


スポンサーサイト

category: 関西

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/785-f03ed194
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム