食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

懐古庵(京都市中京区) 

2016/01/09,10,11
懐古庵(かいこあん)


今回2泊3日でお世話になった宿。


いわゆる町屋と呼ばれる、単なる古いだけの家屋ですが、
これが古都京都となると、たちまち観光要素となり、特別な宿泊施設にもなるという (;´∀`)

で、せっかくなので、いつも同じようなビジネスホテルは止めて、こちらにしてみました。



長屋の造りで、全部で4軒あるうちの1つを2泊3日借り。

たぶん、1泊:基本料金1万くらい+1人あたり5千円くらい。 5人まで可らしいです。
もちろん素泊まりなので、1人だとそこそこ高級なホテルに泊まれる価格になります。


かがんで小さくならないと通れない入り口から居間へ。



居間にはエアコンもガスファンヒーターもあり、好きな方を使えます。



TVもちゃんとしたものがあり、戸の渋さとアンバランスで。



台所には湯沸かし機もあり、ガスコンロも使えるので料理も可能。



冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器があり、食器や調味料まで各種完備。

トイレも洋式で、ウォシュレット的なものはないですが、便座は暖かいです。

と、ごく普通の家でした (・∀・)



お風呂は外ですが、共用ではなく各部屋ごとに。

五右衛門風呂とのことで、どんなものかと期待しましたが、



普通に温度調整できる設備があり、シャワーも使えます。

ただ、浴槽が材質的にキンキンに冷えているので、50度近いお湯を入れないと良い湯加減になりません (;´∀`)
さらに浸かっていてもジワジワと温度が低下していきます。



そして寝室は、狭い急な階段を上って2階へ。


6畳の部屋と3畳の部屋で、エアコンはありますが、他には何もなく。
なんか怖いし、トイレ行きたくなって階段降りるのも面倒なので、布団おろして下で寝ました。


そんな感じで、もっと凄い設備を想像してたものの、普通に問題なく暮らしていける家でした。

ただ、一軒家借りの場合、自宅のように使えて出入りも自由。
いろいろなお店で買いこんで、食べまくるような旅をされる方には良いと思います。

ただ、ぼっち体質の方でないと、1人ではムリだと思われます (・∀・)



2016年1月9,10,11日 京都旅行
日記
塩芳軒(上京区:和菓子)
嘯月(北区:和菓子)
松屋藤兵衛(北区:和菓子)
クロア(北区:パン)
加茂みたらし茶屋 (左京区:和菓子)
ナカガワ小麦店(左京区:パン)
甘泉堂(東山区:和菓子)
彩席ちもと(下京区:和食)
末富(下京区:和菓子)
エス(下京区:ケーキ)
古川町商店街(東山区:食べ歩き)
出町ふたば (上京区:和菓子)
エズブルー(上京区:パン)
アルチザナル(上京区:パン)
Dari-K(中京区:チョコ)
松屋常盤(中京区:和菓子)
グランヴァニーユ(中京区:ケーキ)
末廣(中京区:寿司)
一保堂(中京区:お茶)
月餅屋 直正(中京区:和菓子)
タンドレス(左京区:ケーキ)
マルシン飯店(東山区:中華)
エレファント ファクトリー(中京区:コーヒー)
第一旭(下京区:ラーメン)
新福菜館(下京区:ラーメン)
懐古庵(中京区:宿)
京都の地酒


スポンサーサイト

category: 宿

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/792-981ff6c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム