食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

黒田屋(愛知県豊橋市) 

豊橋にも家系ラーメンがあると聞いて行ってみました。

家系は1度しか経験ないですが、横浜で食べた感じでは好みに合いそうな気がしてます。



で、怪しげな看板のお店へと。

さて、ラーメンオタクではないので、家系の定義が良く分かってません。 

聞いた話をまとめて、ちょっと悪い言い方になりますが、
二郎インスパイア系と同様、本家と繋がりがなくても、パクってモチーフ的なものを出してるお店も全て家系?

さらに◯◯家と名乗ればOKとか?

ただ、こちらのお店は意図があるのか、家ではなく屋です。



メニューは少なめでシンプル。 普通のラーメンは630円と比較的安めの設定。
家系の特徴でもある、麺の固さ・スープの濃さ・脂の量を指定できるようです。

が、地獄ラーメンって何? ( ゚д゚)

これは困った。 食べないわけにいかない (;´∀`)



まあ、味を誤魔化せそうなものがたくさんあるので安心です。



地獄チャーシュー(ネギ入り):980円

赤みを帯びたスープに、有料のネギトッピングは大量の白髪ネギ。



スープのベースは豚骨醤油で、それにラー油などの辛い調味料を加えたのかな。
豚骨は臭みを感じられるくらいで、少しトロリとした粘度のスープ。

辛さは4段階あり初級にしておきましたが、ほどほどの辛さ。
ヒイヒイ言ったり、汗まみれになったりすることなく、ちゃんと味わえる辛さです。

料理としては正しいですが、ネタとしてなら失敗作です (・∀・)



太めの麺はツルツルと滑らかながらもっちりと。
小麦の香りから粉の質は低いと思われますが、食感は良く、もし自家製麺なら好感が持てます。



チャーシューは6枚だったかな。
適度な味付けで柔らかく煮込まれてますが、これといった特徴はなく。

家系の代名詞でもある、大きな海苔とほうれん草も入りますが、この担々麺っぽいスープには合わないかな。



表面は乳化しており、油を吸っている感もありますが重さは感じず。
そう言えば背脂は入ってなかったですが、地獄ラーメンには入らないのかな? 何も聞かれなかったし。


思ってたほど全然ハズレなかったです。 これなら普通のラーメンは好みに合うかもしれません。
と、そう感じたら追加オーダーの予定でしたが、そこまで好きな味ではない事にも気付きました (・∀・)

通し営業のようなので、中途半端な時間にお腹が空いたら、また行ってみようと思います (´∀`)


スポンサーサイト

category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

コメント

いや

黒田屋の大将は横浜の田中屋で修行されています。
田中屋は地獄ラーメンを得意とし
黒田屋も同じ系統となります、
なので家系と言われる吉村家の系統とは違うので家系ラーメンともうたっておりません。

ラーメン #.DRjn31M | URL | 2017/05/13 22:04 | edit

Re:ラーメンさん

正確な情報をありがとうございます。
ラーメン業界には疎い人間でして、ちまたで言われている情報でした。

いつか本家の吉村家やその直系、田中家も行ってから、こちらに再訪したいと考えております。

hiccolo #- | URL | 2017/05/13 23:32 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/809-6bca4e4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム