食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

一幸庵(東京都文京区) 

2016/02/10 Wed 10:00訪問
一幸庵(いっこうあん)


3ヶ月ぶりの東京旅行。
1ヶ月前、京都で食べた和菓子の味をはっきりと覚えているうちに、東京でも和菓子を食べて比較してみることに。

この訪問の4日後に「情熱大陸」で取り上げられた有名店ですが、老舗ではないようです。

店内はそこそこの広さがあり、ショーケースに上生菓子の見本が8種類、棚に焼き菓子、干菓子が売られます。



上生菓子を4品購入。



わらびもち:410円


看板商品らしいですが、これは凄いです。

口に入れると溶けていくような滑らかさながら決して消えることなく、むしろ弾力を感じます。
京都のお店のわらび餅も驚きましたが、それ以上の衝撃。

わらびの風味もとても良く、素晴らしいものを食べれました。



三千歳:410円


読み方や意味は分かりませんが、繊細なきんとん。

表面のそぼろはねっとり感があり、これも山芋系がつなぎに入っているタイプのよう。
中は粒餡でとても美味しいです。



春告鳥:410円


あまり鳥っぽくないうぐいす餅。

餅はコシがあり、青大豆きな粉は素朴で自然な味わい。
この粒餡はあっさりしてますが、こちらの小倉餡はそのものがかなり美味しいです。



椿餅:410円


羽二重餅ですが、これも驚くような食感。
ちょっとペタペタするほどのみずみずしさがあり、口に入れるとふんわりしつつ溶けて消えていきます。

こし餡はあっさりして、何個でも食べれそうな感じです。


和菓子の場合、原材料の少なさからどうしても盛り上がりにかけますが、こちらはインパクトもありました。
餅も餡も特徴的で、存在感や主張の強い味わいです。

和菓子はまだ多く食べていないので比較に乏しく、分かりやすい特徴があるほうが印象的。
いろいろ食べてみると変わると思いますが、現時点では個人的な上生菓子ランキング1位です。

他に用のないエリアにあるお店ですが、多少なら遠回りして行くのも良いかなというお店です (´∀`)



2016年2月10,11日 東京旅行
日記
一幸庵(文京区:和菓子)
群林堂(文京区:和菓子)
エーグルドゥース(新宿区:ケーキ)
エーグルドゥース(新宿区:ケーキ)
馬場南海(新宿区:食堂)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下(世田谷区:パン)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
ヴィロン(渋谷区:パン)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


スポンサーサイト

category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆_一幸庵(東京:和菓子) 
TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/822-536913d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム