食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

パリの空の下:タルト編

ヴィエノワズリーもサンドイッチも楽しみですが、さらに心躍るタルト。



タルト・ポワール:550円


タルト生地はサクッとしてバターの風味良く、ダマンドのアーモンドもとても香ばしく。
洋梨はシャリっとした食感を残しつつ、甘酸っぱさと柔らかさを施す仕事がなされています。

シンプルかつ絶品なタルトでした。



タルト・レザン:750円


ブドウは青森産スチューベン。

スチューベンは1度食べたことがあって甘い印象でしたが、こちらはカシスのような酸味もあり。
皮や種も入ってますが問題なく食べれ、栄養も豊富です。



タルト・パンプルムース:600円


とても鮮やかな洋梨とグレープフルーツのタルト。
品名はタルト・ポワール・パンプルムースだったかもしれません。

フルーツはみずみずしく、ナパージュがかかっているものの果実感がしっかり。
グレープフルーツは酸味や苦味もありつつ華やかな味わいで、ピスターシュの香りともよくい合います。

タルトポワールもですが、先端というかホールでの中央部はあえて焦がしてるようで、味・食感の変化も楽しめます。



タルト・ノルマンド:650円


わずかに皮を残したリンゴが乗り、シャキシャキ感もあって爽やかな甘酸っぱさ。
こちらはバニラも香るミルキーなクリームで、じんわりとした美味しさが迫ってきます。



タルト・フレーズ:850円


昨年も食べ、今回もっとも楽しみにしていた、あまおうのタルト。
ホールのまま買い占めたいほどですが、4番手でも売り切れそうでヒヤヒヤするも2個残りました。

自立不可能なほど大きなイチゴは、当然そのままでも美味しいはずですが、しっかり仕事され深みを増します。

加えてピスターシュのダマンドもたっぷり。
普通の製菓用のパート・ド・ピスターシュで1kg:1万円近いですが、おそらくこのお店はもっと高価な素材かと。

いくら何でもこのタルトは安すぎて怖いです。
そして個人的な好みでは、これ以上美味しいと感じるタルトが地球上に存在するとは思えません。


ヴィエノワズリー、サンドイッチ、タルトと、今回も他では食べることができないものばかりでした。

こういった本当に美味しい物を知ってしまい、これまで食べてた物が食べれなくなりつつあります。

まあ、実際に食べれないわけではないですが、お金を使うのがもったいない。
そういった物にチョコチョコお金を使うよりも、たまに良いものを食べたほうが満足します。

で、単価の高い食事が多くなりましたが、無駄遣いしなくなったので、エンゲル係数は以前より下がってるかなと。
さらに変なものが入ってないので体調も崩さずと、実は良いことづくしだったりします。

条件が整えば、また良いものを食べに行こうと思います (´∀`)



2016年2月10,11日 東京旅行
日記
一幸庵(文京区:和菓子)
群林堂(文京区:和菓子)
エーグルドゥース(新宿区:ケーキ)
エーグルドゥース(新宿区:ケーキ)
馬場南海(新宿区:食堂)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下(世田谷区:パン)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
ヴィロン(渋谷区:パン)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


スポンサーサイト

category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/840-f749e2a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム