食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

永劫回帰 

全く安静にしてないせいかケガの回復が遅く、まだ歩くだけでも少し痛みがあります (ヽ'ω`)

もちろん走るのは不可能で、自転車は軽めのローラーならできるものの、実走は怖い。
なので、週末はもっぱらジムで水泳と筋トレに励んでます。

初めて真剣に筋トレをやってみましたが、延々繰り返す単調な反復運動は、ローラーに負けない退屈さで。

ただ、筋トレという運動は努力だけで結果を出せるもので、センスや才能は必要ありません。
そして、基本的に1人きりで行うことであり、他人と競い合うこともない。

「才能不要」「1人」「競わない」 ・・これは、実に僕に向いてます。

同様に、僕は自転車よりもマラソン、マラソンよりも水泳が向いているように思います。
1人で、プールの仕切られたコースを往復するだけで3時間とか泳いでますが、我ながら狂ってるなと思います。

ただ、水泳にしても追求すると「速さ」を求め、人と比較することになってしまうかと。
その点、筋トレは自己満足だけで済みそうです。

まあ、ガチでやると、大胸筋に名前を付けて語りかける危ないヤツになりそうなので、ほどほどにしますアブ。


と、今後は日和って生きていこうと思ってましたが、何でも来月レースに出ろとか?
苦手な自転車で、苦手な複数人で、苦手な人と競うこと。 これをやれと強制するヤツがいます。

しかも和歌山だと? 「行きたいお店リスト」に1つもメモがない県じゃないか・・・

さらにロリさんはいないだと? それなら自転車に乗る意味すらない・・・

僕が向いてない自転車を続けているのは、ロリさんとの接点が欲しいから。
僕がエースに服従しているのは、ロリさんに会えるから。


ロリさんのためなら、県外でも海外でも、天国にだって喜んで行くけど、いないならムリだ。


そもそも、もう僕にはエースの役に立てる力がない。 それを承知で、アイツは僕に何を望むのか。
僕は、彼の意図が理解できずに問い、そして彼は答えました。

「凡人の存在があってこそ、天才の存在が証明される」
「底辺がいなければ、頂点にいることを実感できない。 お前のようなヤツこそ必要なんだ」

信じられない理由だった・・ ( ゚д゚)ポカーン


でも、それならいい・・エースが満足すればロリさんが喜ぶ。

屈折した愛情表現ですが、僕がエースの望みを叶える事でロリさんが幸せになれるなら、僕も幸せです。

・・・これが人生か、さればもう一度 (`;ω;´)


スポンサーサイト

category: 思想

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/846-67d70baa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム