雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

ぽんぽこ亭(埼玉県川越市) 

2016/05/01 Sun 18:30訪問
ぽんぽこ亭


夕食はうなぎを。
かつては荒川や入間川でもうなぎが取れていたらしく、川越市は老舗うなぎ屋が多くあるようです。

いろいろ調べても、うなぎは写真だけではどのお店が好みに合うのか分かりませんが、
旅先で流動的なスケジュールなので、駐車場60台・120席・通し営業のこちらを予定しての訪問です。

かなり混んでましたがカウンターに問題なく座れ、ガラス張りで調理場丸見えの特等席。
しかし、10人ほどの板前さんの分業制で、なにかハズしそうな予感 (;´∀`)



うなぎ料理はそれほど高い価格設定ではなく。



そして天ぷらも多くのメニューがあり。
さらに鯉・ドジョウ・ナマズ・ヤマメなど、かなり珍しいものを扱っています。



うなぎの骨唐揚:324円

捌きを見てたらつい頼んでしまい、2分くらいで出てきました。
仕方なくノンアルコールビールも追加です。



奥多摩山女の天ぷら:756円

前日のサクラマスに続いて、ヤマメも初体験を。



しっかり脂が乗っていて、臭みなどネガティブな要素はなくイケました。
ビビッて天ぷらにしておきましたが、塩焼きが良かったかなと思えたくらいです。



上うな重:2808円

こちらもビビッて4段階の中の下の2番目。
ご飯は無料の大盛りでけっこう多く、バランス的にうなぎも充分大きいので、ずいぶん安いなと感じました。



肉厚もしっかりあるうなぎです。

さて、地元ではほとんど食べられない蒸しの入った関東風。
浜松では関東風もありますが、何軒か食べた感じでは蒸しが浅すぎてちょっと違うと思います。

焼き一発の関西風との大きな違いは食感で、全体的にふんわりしてます。
皮にパリッと感はなく、箸で切れるほどの柔らかさで、とろけはしなくとも噛みちぎる感じはなく。

余分な脂が落ちるので味も柔らかいイメージでしたが、こちらは味も食感もまさにそんな感じでした。



タレは甘めで、しょっぱいよりは良いかなと。
ご飯も固めで、こちらも柔らかいより良く、総合的にかなり好みのうな重でした。


もし近所にあれば、けっこう行ってしまうお店だと思います。
うなぎだけでなく、変わったサイドメニューが豊富なのもわりと魅力的です。

勝手なイメージですが、想像していた関東風そのもので、良い基準値になった感じです (´∀`)



2016年4月29日~5月5日 GW旅行
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5 日記6 日記7
河口湖(河口湖村:ランニング)
レイクベイク(河口湖村:パン)
スローガーデン砧(河口湖村:パン)
司食堂(河口湖村:食堂)
なかむら(河口湖村:うなぎ)
山中湖(山中湖村:ランニング)
与里道(道志村:食堂)
大豊(山中湖村:和食)
川越ベーカリー楽楽(川越:パン)
入間川サイクリングロード(川越・狭山:ランニング)
かすみ食堂(川越:食堂)
ぽんぽこ亭(川越:うなぎ)
荒川サイクリングロード(江戸川区~滑川町:サイクリング)
福ちゃんの店(鴻巣:食堂)
久良一(鴻巣:うどん)
吉見屋(皆野町:うなぎ)
恵比須屋食堂(東松山:食堂)
アルカイク(川口:ケーキ)
シャンドワゾー(川口:ケーキ)
アカシエ(浦和区:ケーキ)
ラリュ(緑区:パン)
榎本牧場(上尾:ジェラート)
和香(浦和区:うなぎ)



スポンサーサイト

category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/957-ce45b4d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム