雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

他に誰もいない場所へ 

ペダルを、フラペ+トゥクリップ&ストラップに変更して、千キロ以上乗ってみました。


乗りながらストラップの調整が必要なので予想以上に面倒です。

着脱もビンディングの比ではない難しさで、急に外さないといけない場面は危険極まりなく。
また、負荷をかけると、大袈裟に言えばシューズが「ヘ」の字に曲がるような感覚があり、大きなパワーロス。

メリットが全くありません (;´Д`)



さらに、爪先部分は金属に圧迫されている事にもなり、長時間乗ると痛い :((´゙゚'ω゚')):

さすがにこれは無理だと判断しました。



で、懲りずに新しい物を (・∀・)



短くなって、ストラップなしで爪先を突っ込むだけ。
高さもあって厚めのシューズでもOK、ちょっとしたカバーが付いて衝撃緩和。

これにより、煩わしさ・危険性・痛みはかなり解消。

しかし、パワーロスは大幅にアップ (;´Д`)
これも大袈裟に例えるなら、ブカブカの靴を履いて歩くような感じです。

失って初めて気付くその大切さ・・
自転車はビンディングペダルが最も効率的で、安全でもあると思います (;´∀`)


まあ、別に失ってないのでSPDに戻せますが、現在思うところがあり「いかに遅く走るか」を研究中です。
遅くといっても力を入れないのではなく、本来100km3時間の負荷で、4時間かけるイメージ。

僕の知る限り、どうもサイクリストは距離崇拝です。

強度を度外視してでも、数人でラクして走ってでも、練習・サイクリングは「距離」に重きを置くよう。
もし1人で300kmとか、あるいは月3000kmとか乗ったら、神レベルで讃えられるかと。

そんな「距離こそ正義」がスタンダードであるなら、僕は違う方向性を模索しないといけません。
僕のような才能がない人間は、皆んなと同じ事をやってたら、永遠に誰にも敵わない事になります。

才能のない人間が高みを目指すには、人より多くの事をやるか、普通ではない事をやってみるか。

で、遅く走って、距離を稼がないという実験 (・∀・)

まあ、ほぼ意味はなく、これで特別に鍛えられる部分は精神力だけです (ヽ'ω`)


しかし、自転車は機材があるので、遅くするのは簡単です。
こちらもサイクリストは、機材でどこまで差が出るとか、機材より乗り手でどうにでもなるとか話されます。

しかし僕からすれば、100万円のロードバイクも15万円のロードバイクも、一緒です。

機材の差の大きさを、僕以上に痛感した事がある人はいないかと。
そして何より、機材より乗り手という事実を、僕以上に証明した人はいないと思います。

皆んなと違う事をやり続けたから辿り着けた領域ですが、違い過ぎたために誰も気付いてくれません (´Д⊂ヽ

僕も少しくらいは尊敬されてもいいんじゃないかと思うのですが・・
どうも周りは天才ばかりなのか、すっかり雑魚キャラと認識されています。

まあ、僕だけは僕を認めてあげようと、時々は自画自賛していこうと思います (`;ω;´)


スポンサーサイト

category: 思想

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/989-e76b983c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム