FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

MOTO's KITCHEN(東京都渋谷区) 

2018/06/15 Fri 13:00訪問
モトズ キッチン


続いてキッチンカーの販売店に。

最初の洋食店の斜め向かいでやられており、開店前に並んでいる間、店を出た時、それと別に2度通った時も常に行列ができており、何か珍しい店が来ているのかなーと。

で、少し調べたところ、火・金の週2回、この場所で営業しているそう。
そんなに頻繁に来てるのに、雨の中でも並ぶほど良いのか?と、ちょっと買ってみることにしました。



メニューはタコライスとグリーンカレーの2種類のみ。



タコライス:700円

オーダー時に「パクチーは大丈夫ですか?」と「辛さはどうされますか?」の2つの質問があり、全てスタンダードな状態にてお願いしました。


下からライス、ミンチ、チーズ、キャベツ、トマトと、オーソドックスな構成で全体量は多め。

何か特別仕様なのかと期待するも、やはりそんなに味がどうこうって物ではなく。
沖縄の本家で食べたものよりは洗練された印象でしたが、個人的にはジャンクフードの部類です。

まあ、たまに食べたくなる味でもありました。



2018年6月14~17日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
ハセガワ(渋谷区:洋食)
スミカ(渋谷区:洋食)
モトズキッチン(渋谷区:デリカ)
あげもんや(杉並区:食堂)
唐木屋(世田谷区:角打ち)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
大ちゃん(静岡市:食堂)
みはる(御前崎市:魚介)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

table ogino(東京都港区) 

2017/10/15 Sun 16:00訪問
ターブルオギノ 品川店


今回は早い帰宅となりましたが、最後は品川駅構内のこちらへ。
この時まで知らなかったのですが・・品川駅って品川区ではなく、港区にあるのですね (;´∀`)

新幹線での東京旅行は数ヶ月前ぶりでしたが、3月の訪問時に少し話をした店員さんが覚えてくれていて、またサービス品をいただいたりしました。

別に何もなくても、半年以上も前の1度を覚えてもらえているのは嬉しいものです。

今回は早い時間だったので、新幹線内ではなく帰宅後の晩酌用にて。



シャキシャキ野菜と自然栽培春菊 マンゴーアプリコット:450円

たっぷりのパワー溢れる根菜系が小気味よい歯応え。
全体的にフルーティな香りをまとって、春菊の軽いクセもアクセントに感じられます。

お馴染みのビネガーとオリーブオイルベースのドレッシングもとても良く、いつも安定な美味しさの野菜サラダです。



北海道産無農薬とうもろこし ひよこ豆のフムス:390円

滑らかな口当たりで、ナチュラルにコーンとひよこ豆の風味がジンワリと広がります。

これさえあれば、イマイチなパンを買ってしまっても何とか消費できそう。
次回も販売があれば、数パック買って冷凍保存を試みようと思います。



パテカツ:680円

オギノの誇るパテカンをカツに。
たまにあると聞いており、やっと巡り合えましたが、食べなくても分かる絶対に旨いヤツ。


パテは良く見ると細かなタマネギやパセリなど入っており、どうやらカツ用に加工された物のよう。
そんなミンチカツ風に仕上げられたパテで、少し火も通るので、いつもとはまた違う旨みがあり。

衣は食欲をそそりすぎる素晴らしい香ばしさで、自家製のマスタードとの相性も抜群。
もう2パックほど買えば良かったな、あるいは今度自分で揚げてみるか・・と思わせるようなヤミツキ感があります。


旅行では、最後にどう終わるかは重要ですが、東京新幹線ならこちらで完璧です。



2017年10月14,15日
ファンゴー(世田谷区:ハンバーガー)
ベーカーバウンズ(世田谷区:ハンバーガー)
モトゾー(目黒区:ケーキ)
ボネダンヌ(世田谷区:パン)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
ターブルオギノ(港区:デリカ)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

table ogino(東京都品川区) 

2017/05/14 Sun 18:30訪問
ターブルオギノ 品川店


東京旅行のシメの食事は、いつも通り品川駅構内のこちらで買って新幹線内で。



フレッシュ野菜とスモークサーモンのキアヌサラダ:450円

キアヌは以前レストランで出たスープにも入ってましたが、はっきり分かる形で食べるのは初めて。


プチプチした食感に麦のような風味。
どこかリゾット風なものを食べているように錯覚しますが、実は穀物ではないらしいですね。

キアヌそのものが美味しいと言う事はないですが、スーパーアスリート食の可能性が高いです。



春野菜のラタトゥイユ:390円

この旅で3店目のラタトゥイユで、130gでこの値段は他店の半額くらい。


キノコと煮込んだトマトソースとのことで、独特の風味・旨味があります。
野菜自体に力強い主張もあり、嫌らしいこってり感もなくナチュラルな美味しさ。



OGINO特製ハンバーグ: 860円


ミンチは合い挽きのようでシンプルですが、肉肉しさがあり、スパイスがしっかりきかせられ。
そこにお得意の赤ワインソースの旨みで間違いない美味しさに。

付け合せのチーズがきいたジャガイモのピューレは、主役を食うほどの存在感があります。



国産若鶏と彩り野菜のグリーンカレー:720円

3日半の食べ歩き旅でしたが、最後に初めて米を食べました。


青唐辛子やスパイシーな風味で思ったより辛みが強め。
ココナッツミルクの甘みやコクもありますが、刺激的な辛みが食欲を増進させるよう。

しっとり煮込まれたチキンももちろん美味しく、脇役にはとどまりません。


特別ではなく、こういう物が毎日食べれたら良いなーとしみじみ思わせるような料理です。



2017年5月11~14日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
15℃(渋谷区:モーニング)
365日(渋谷区:パン)
パンとエスプレッソと(渋谷区:モーニング、パン)
ル・ルソール(目黒区:パン)
オレンジカウンティ(世田谷区:クレープ)
ラトリエ・ドゥ・プレジール(世田谷区:パン)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
オーボンヴュータン(世田谷区:ケーキ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
シンチェリータ(杉並区:ジェラート)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

ORANGE COUNTY(東京都世田谷区) 

2017/05/12 Fri 11:30訪問
オレンジカウンティ


続いて祖師ヶ谷大蔵にラン移動し、気まぐれでクレープを食べる事に。
クレープには良い思い出がないのですが、かなり有名らしいのでちょっとだけ期待をして。

訪問した店頭はお店の裏側になるのか、すぐ調理場があってテイクアウトの受け渡しのみ。
そこから奥の方にイートインスペースらしきテーブル席が見えました。



メニューは相当量あるように見えて、生クリーム、カスタード、ダブルクリームのいずれかを決め、そしてトッピングを数パターンから選ぶ感じになり、実際はそれほどでもない感じ。



生クリーム・ピーチ・パイン・みかん:450円

走ってきて暑かったので爽やかそうなフルーツ系にしましたが・・予想以上に大きなサイズ。



トッピングは上部だけかなと思ったら、中までまんべんなく入ってました。


そしてクリームもパンパン。
この量の"生クリーム"をこの価格で出せるのか?と疑うしかないようなボリュームです。

そんなクリームは自家製なのか軽くて希薄な味。
明らかな油脂っぽさはないものの、乳脂肪分もちょっと微妙な印象。

生地はもっちりしているものの風味は弱く、フルーツは缶詰め。
構成のほとんどがクリームに偏ってる感じで、さらにクリーム増量が+50円ごとに3段階あるよう・・・

質より量で、クレープと言うか、クリームをひたすら食べたいのなら良いかと思います (;´∀`)



2017年5月11~14日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
15℃(渋谷区:モーニング)
365日(渋谷区:パン)
パンとエスプレッソと(渋谷区:モーニング、パン)
ル・ルソール(目黒区:パン)
オレンジカウンティ(世田谷区:クレープ)
ラトリエ・ドゥ・プレジール(世田谷区:パン)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
オーボンヴュータン(世田谷区:ケーキ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
シンチェリータ(杉並区:ジェラート)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

table ogino(東京都品川区) 

2017/03/21 Tue 20:00訪問
ターブルオギノ 品川店

original31.jpg
いつものように最後はこちらで。

少し時間に余裕があったので、店員さんとレストランでの食事の事から世間話まで、いろいろと話をさせていただいたのですが、サンドイッチをサービスしてくれました。

たまの旅行でも毎回行っていれば良い事あります (´∀`)



ボナペティセット:680円

惣菜3種セットのような感じ。

ポテサラはマヨネーズで食わせるようなものでなく、しっかりとジャガイモの味で押してきます。
玉子焼きもナチュラルな旨味。 豚肉はじっくり焼かれた感じでややスパイシーな味付け。



ゆがき野菜と青森県産姫鶏のハーブトマトマリネ:450円

2種類の大根とニンジン、ウドなどで華やかな色どりのサラダ。
トマトとビネガーの柔らかな酸味に、オリーブオイルやスパイスのアクセント。



桜パテ・ド・カンパーニュ:630円

オギノおなじみのパテカンの春限定バージョン。
桜葉が入り、赤ワインではなく日本酒が使われているようです。

試食で少しもらったものの、桜葉を感じられない部分だったので買ってみましたが、どうしても食べてみたいという知人にあげてしまったので、分からずじまいです。



お野菜と奇跡のこくとう蜜ピクルス:500円


綺麗なピンク色に染まってますが、これがリンゴの蜜によるもの?
ビネガーの酸味よりもこうとくの蜜による甘みが強いので、一般的なピクルスとは違う味わいです。

こうとくは食べたことがないのですが、1度そのまま食べてみたい物の1つですね。



春色コールスローのリヨナーサンド

こちらがサービスでいただいた品で、ひょっとしたら賄い的なものだったのかもしれません。


リヨナーソーセージはレストランで食べた鶏ハム的な物と同じ感じ。
しっかりした肉の旨みと、シャキシャキさわやかな酸味のコールスローが相性良く。

パンももっちりして美味しく、「パリ空のパンをそんなにお持ちの方に何ですが・・」と言われましたが、たいていのパン屋よりも美味しいのではと感じます。


無添加無化調なのでガツンとくる旨味はないですが、自然な美味しさがジワジワときます。
こんな良い物がこの価格で食べれるのだから、駅弁みたいな物買ってる場合じゃないですよね。

いつも東京旅行の最後の楽しみです (´∀`)



2017年3月18~21日
日記1 日記2 日記3 日記4
オギノ(世田谷区:フレンチ)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
陳麻家(世田谷区:中華)
いしはら食堂(三鷹市:食堂)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
茂右衛門
せんだい屋(世田谷区:食堂)
寿屋(世田谷区:居酒屋)
兆楽(渋谷区:モーニング)
鹿屋アスリート食堂(千代田区:食堂)
筋肉食堂(港区:食堂)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
神南カリー(渋谷区:カレー)
うさぎ(渋谷区:ラーメン)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム