FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

土佐しっぽく料理 葉山(高知県高知市) 

2019/04/30 Tue 12:00訪問
葉山


続いて土佐の郷土料理を。

アーケード商店街に異彩を放つ店構えで、完全個室の料亭風なお店
入店すると電話機があり、内線で食事したい旨を伝え、エレベーターで3階の飲食エリアへと。



で、個室にてムダに1人で食事を。



ランチは単品はなく、膳メニューが3種。
ランチメニューはさすがにリーズナブルになっており、せっかくなので1番高いもので。



龍馬膳・上:2650円

少量をチマチマ食べるのは性に合いませが、豪華には感じます。


貝は、メニュー表から消去法で「長太郎醤油焼き」になるのですが、何ですかね?
味はホタテのバター醤油みたいな感じで、予想以上に美味しい貝の味があり。

クジラの串カツは下味が良く、これとビールだけあればもう他はいらないくらいの美味しさ。



四万十のり天

え?アオサの天ぷらかな・・こんな物が美味いわけが・・美味い。
極めて少量の衣がアオサの風味をスポイルせず、風味の良さを引き立てるように。

味も香りも強いですが、口当たりと口溶けがやけに良く、ひょっとしたらアオサとは違う種類かもしれません。



メニュー表からは「どろめ」になりますが、生シラスで良いのかなと。



鰹のタタキ。

こちらはポン酢でいただき、先のお店よりインパクトなく上品な方向性で、やはり臭みはなく食べれます。
しかし雰囲気もあるのか、ニンニクやネギでパンチ効かせて食べても上品に感じます。



食後のコーヒーなどもあり。

全体的に料理の良さと言うより食材の良さを感じられる、土佐の郷土料理でした。


category: 四国

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

本池澤(高知県高知市) 

2019/04/30 Tue 11:00訪問
本池澤


高知市に移動し、ベタながら本場にてカツオのタタキを食べてみようと、市街を散策。

連休中もあって多くのお店が行列しているも、店構えの良いお店は空いている印象。
こちらもそんな1軒で、魚屋直営の飲食店という形にて、大正創業の老舗だそう。



GW特別メニューとの事で、この時のランチはカツオorウナギにて。



塩たたき定食:1380円

常に新鮮な生鰹を使用しているそうで、この地でスタンダードの塩にて。


下に玉ネギがたっぷり敷かれ、大葉、ニンニク、ネギ、生姜が添えられており、トマトは彩りですかね。

カツオのタタキはこれまでの人生で3回ほど食べたことがある程度で、感想は常に臭みが気になるなと。
で、恐る恐る口に入れたのですが、全く臭みは感じられず、濃厚な赤身の味わいがドカンと。

炙られた周りは香ばしく、塩が染み込んだような感もあり、特有の臭みは消えて旨みだけが出るように。
パンチの効いた薬味は臭みを消す意図もあると思われますが、濃厚な味のカツオに良く合います。

あれ?おかしいな・・美味しいな・・と、高知に来たかいがあったと思えたカツオ1発目でした。


category: 四国

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

びんび家(徳島県鳴門市) 

2019/04/28 Sun 15:30訪問
びんび家


淡路島を後にして四国入りし、ひとまず徳島で食事を。

国道沿い&海岸沿いにある通し営業の海鮮食堂で、中途半端な時間ながら広い店内は満席近く。
長テーブルの相席でキャパも大きいので、車さえ止める事ができれば待つことはない感じ。



外に大きな生け簀があり、随時調理されるよう。
お土産コーナーのような物販も入り口付近に広くあります。



メニューは数ヵ所の壁に大きく出されており、普段から魚を食べることがなく、何を頼んで良いのか分からないので、おまかせするべくおまかせで。

人生でオーダーして食べた事のない刺身も付くとは思われるも、それもまた経験で勉強かなと。



おまかせ定食:2000円

予想よりも早いスピードで出てきました。


天ぷら一応は揚げ立てっぽい状態。


焼き魚は何ですかね・・これは焼き立てではなかったです。


これで2千円はショボすぎるなと思いながら半分ほど食べつつ、だいぶ遅れて刺身が登場。
これは捌きたてになるのか、天ぷら調理より時間のかかる刺身ってちょっと良い感じです。

「ハマチです」と言われましたが、刺身ってこんなに分厚く切られてるものだったっけ?ハマチだけこうなの?・・こんなにいらないんだけどなーと。

で、比較論がないので美味しいハマチなのか分かりませんが、厚みもあってかプリッとした歯応えが強くあり、クセや臭みは全くないものの、特徴的な味も感じることができず。

まあ、刺身食べない人間が普通に食べれるというだけで、美味しい刺身である可能性が高いです。

なお、最も驚いたのが味噌汁で、大量のワカメだけ入っているのですが、コリコリするような食感で味も濃く。
出汁も脂肪分を感じるほどの魚の風味があり、けっこうなインパクトの味噌汁でした。

良い経験と思い出になった食堂でした。


category: 四国

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

海鮮食堂 魚増(兵庫県洲本市) 

2019/04/27 Sat 11:30訪問
魚増(うおます)


続いて洲本市の中心部に移動し、鮮魚店が運営する食堂へ。
昼2時間のみ営業、その間でもご飯が売り切れたら終了という変わったお店。

観光地の行列店で、さらに専門店ではなく、かなり危険要素が多めですが、儲けるつもりのない営業形態なのでイケそうかなと。



記帳システムで、1時間に到着して一番乗り。ヤマモトさんは記入例です。
30分前に様子見に行くと5組ほど、10分前に戻ると15組ほどの待ちでした。



魚介系の定食メニューで、クチコミではタコが評判良いのでそちらを。



たこ天丼定食:1500円


タコはプリプリと弾力あり、味わいは濃厚に。
下味は塩気くらいで、天丼のタレも薄味ながら、タコの風味はしっかりと。

しかし、天ぷらとしては油の切れが悪くベットリするような油っぽさがあり。
開店最初の調理なので油自体に劣化はないものの、どうにも重苦しく、ちょっと衣を剥がしたい感じにも。



さらにご飯もベチャッとし、最初はタレでベチャついているのかと思いましたが、タレ自体は少量で、ご飯の炊き方の方に問題があるのかなと。


魚ではなくご飯が売り切れたら営業終了という事で、あまり調理を頑張る気もなく、家庭料理も謳っているので正しいとも言えますが、これはちょっとなーと。

ちなみにメニューで唯一調理の難しそうなアナゴ丼は、別の専門店の焼きアナゴを使用と書いてあり、なかなか潔くはあります。

と・・まあ、そんな感じでした。


category: 関西

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

あさじ(兵庫県淡路市) 

2019/04/27 Sat 9:00訪問
あさじ


GW10連休は淡路島スタートで、まず最初の食事はアナゴを。



炭火焼きのアナゴを販売するお店で、アナゴ単品だけでなく、弁当タイプのアナゴ丼やおにぎりも売られており。
イートインの店舗もありますが、そちらはランチタイムのみ営業。



外にも飲食スペースがあり、サイクルスタンドも完備です。



アナゴ丼(並):760円


作りおきの販売ではなく、オーダー後に仕上げるようでご飯はホカホカと。
開店直後なのでアナゴも焼き立て近いものと思われます。



香ばしく焼かれ、蒸しでも入っているかのようなふんわり感も。
淡白にも感じるさっぱりした味わいですが、臭みも全くなく、柔らかな旨みが広がるように。

付け合わせのタレがびっくりするほど甘く、合わなくはないですが、山椒とか欲しくなる感覚にはなり。


炭焼きのアナゴってあまり聞いたことがなく、手間がかかっている感じもありながら、とてもリーズナブル。
大盛りにしておけば良かったなくらいの満足感で、幸先よい旅のスタートになりました。


category: 関西

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム