FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

L'atelier de Plaisir(東京都世田谷区) 

2017/05/12 Fri 12:00訪問
ラトリエ ドゥ プレジール


続いてもう1軒パン屋へ。
ハード系なら最も好印象なお店ですが、こちらもなかなか行く機会なく久しぶりに。

開店10分ほど前に行って2番目。開店時には7組ほどの並びでした。



復刻パヴェ:400円


クラストは極めて薄く、クラムは凄い加水量でベチャべチャしないギリギリな感じ。
食感は焼いてない状態の餅をかじったような歯切れと弾力のイメージ。

小麦の香りは強く、甘みと酸味が交互にやってくるような感じで、シンプルながら深みのある味わいです。



ミューズリー エ フィグ:360円


ミューズリーは見た目の印象は薄いものの、食べてみると独特の歯応えと風味。
全体量の半分近くを占めそうなイチジクの主張ももちろん強烈。

まさに穀物と果実を食べていると実感させる物です。



アミティエ(1/2):1264円

1g:4円で、好きな量にカットしてもらっての量り売り。
その都度内容が変わる商品だと思いますが、この時は母の日イベントでラベンダーのパン。


その中身はドライフルーツぎっしりで、パンなのかフルーツ盛り合わせなのかというレベル。

固すぎないハード系で、中は果汁分もあってしっとり、少しモサッと。
生地の全体にラベンダーが香り、フルーツと重なって相乗効果もありますが、パンとしてはややしつこさも感じます。



パン オ フリュイ ルージュ2017(1/2):1148円

こちらは1g:3.5円。
ずっと2014という品名だったように記憶してますが、ついに変わったようです。


水を使わずぶどうの果汁のみで作られた生地に、こちらもナッツやドライフルーツがぎっしりと。
以前は入ってなかったカカオニブが蛇足な気もしますが、ここでしか食べれない美味しさの物です。



ラベンダーのクグロフ(小):690円

生地自体にラベンダーが香り、スポイトにはラベンダーの蜂蜜入り。


表面の揚げたような香ばしさから、中はたっぷりのバターでしっとり、シュッと消えるような口溶け。

コク深く風味豊かな生地に、ブワッと香りの広がるラムレーズン、爽やかなオレンジピールの華やかさ。
強烈な主張を放つそれらの中に、ホッと一息つけそうな優しく穏やかなラベンダーの芳香。

パンがなくてもケーキがなくても、これ1つあれば良いのではと思わせるほど美味しかったです。


何となくですが、こちらのシェフが本気で作るお菓子を食べてみたいなーと感じました。

どれをとってもかなり独特で、唯一無二の存在感のあるお店です。



2017年5月11~14日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
15℃(渋谷区:モーニング)
365日(渋谷区:パン)
パンとエスプレッソと(渋谷区:モーニング、パン)
ル・ルソール(目黒区:パン)
オレンジカウンティ(世田谷区:クレープ)
ラトリエ・ドゥ・プレジール(世田谷区:パン)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
オーボンヴュータン(世田谷区:ケーキ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
シンチェリータ(杉並区:ジェラート)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Le Ressort(東京都目黒区) 

2017/05/12 Fri 9:00訪問
ル・ルソール


続いてもパン屋に。

こちらは約2年ぶり2度目で、前回は好印象だったものの、東京のパン屋は1店行ければ良いので再訪しませんでしたが、今ならどんな風に感じるかなと少し買ってみる事に。

9時開店の少し後でしたが、商品はほぼ出揃っているようでした。



クロワッサン:220円

前回とは形が変わって焼きも強くなり、ごく普通な感じに。


シャリシャリッと軽い表面の皮1枚を突き破って、バターがジュワッと。
このスタンダードなタイプのクロワッサンとしては美味しい方ですが、面白みのない優等生タイプです。



クロワッサン オ ザマンド:300円


ラムシロップが打たれ、中にダマンド、表面にアプリコットジャム、さらに薄いグラスがけ。
かなり甘く、風味としてはほとんどアプリコットですが、お得感もあり美味しいです。



パン オ フィグ:280円

イチジクの形になったイチジクパン。


先端はガリガリに、メイン部分はスタンダードなハード系。
白イチジクがプチプチッとして、生地とも馴染んで穏やかな甘みです。



オリーブ:350円


生地はそば粉が入っているそうですが、言われてみれば香るかな程度。
酸味の強い大きな黒オリーブがポツポツ入って、おつまみ用のイメージです。



バゲット:300円


この時は北海道小麦と湘南小麦のブレンドとの事。
ちょっと怪しい気がしましたが、香りも食感も荒々しさを感じるほどの力強さ。

オリーブオイルよりはバター、カットせず雑にかじって食べるのが似合うかなというイメージでした。


やはり2年経っていろいろ食べて、特別には惹かれない印象になってしまいましたが、希薄な風味の国産小麦にこだわりながら存在感のある味に仕上げているのは凄いかなとも思います。

また2年後くらいに試してみたいです。



2017年5月11~14日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
15℃(渋谷区:モーニング)
365日(渋谷区:パン)
パンとエスプレッソと(渋谷区:モーニング、パン)
ル・ルソール(目黒区:パン)
オレンジカウンティ(世田谷区:クレープ)
ラトリエ・ドゥ・プレジール(世田谷区:パン)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
オーボンヴュータン(世田谷区:ケーキ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
シンチェリータ(杉並区:ジェラート)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

365日(東京都渋谷区) 

2017/05/12 Fri 7:30訪問
365日


カフェを後にして、その母体の方となるパン屋へ。
行く予定はありませんでしたが、カフェで食パンを食べて寄ってみようという気になりました。

外観からパン屋っぽくなく一度通り過ぎてしまいましたが、店内もパン屋っぽくなく、パン以外の食品もいろいろと。
種類はそこそこで、まず小さいなーという印象で、次に何か変わった形だなーと。

いざ来てみたら、あまり食べたい感じではなかったですが、無難そうなものをいくつか。



365日×クロワッサン:248円

かなり小さい上に、左右非対称でヤドカリみたいな独特の形。


生地は詰まっているので食感としての軽さはなく、むしろコシのあるような歯応え。
カルピス発酵バターらしいですが風味は弱めで、特に使っている意味はないかなという印象。

ほんのりした甘みとモサモサとした食感で、あまりクロワッサン食べてる感じではなく。
多分どこかの工程で冷凍していると思いますが、ちょっと不自然な匂いがありました。



365日×ブリオッシュ:173円

スペシャリテだそうですが、これもずいぶん小さいです。


ふんわり軽いですが、軽すぎる事はなく弾力もあり、口溶けもそれなり。
玉子よりも、牛乳か生クリームなのかミルキーな穏やかな甘みがメインです。



ピスタチオ:184円


生地は全粒粉の香りがあり、ミシミシ噛みちぎらないといけないような固さと弾力。
ピスタチオはおつまみ系のチープなタイプです。



くるみパン:205円


生地は食感としてはチャバタっぽい感じ。
ミルクがしっかり入ったような甘みがあり、香ばしいクルミと良く合ってます。



ランドネ:281円

こちらも小さいですが、ライ麦パンなので重みはあり。


ライ麦の風味は強烈なほどですが、サワー種ではないようで酸味はなく。
生地自体にパサつきやもっさり感はないものの、雑穀や木の実でゴワゴワした食感になります。

パンと言うか、穀物噛み砕いて食べているような感じです。



カヌレ:184円


外も中も比較的緩めな食感。
コクもなく香りも弱く、ラムではなくカルヴァドス使用みたいですが、ただ甘いだけでした。


どれも味だけなら平均以上ではあるのですが、何となく物足りなさも付いてきます。

足し算ではなく引き算と言うか、分かりやすいようあえて小さくまとまった物を作っている感もあり、そういう物だと理解して食べれば印象もまた違うのかなと思います。



2017年5月11~14日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
15℃(渋谷区:モーニング)
365日(渋谷区:パン)
パンとエスプレッソと(渋谷区:モーニング、パン)
ル・ルソール(目黒区:パン)
オレンジカウンティ(世田谷区:クレープ)
ラトリエ・ドゥ・プレジール(世田谷区:パン)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
オーボンヴュータン(世田谷区:ケーキ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
シンチェリータ(杉並区:ジェラート)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Signifiant Signifie(東京都中央区) 

2016/09/21 Wed 10:30訪問
シニフィアン シニフィエ 日本橋高島屋店

23.jpg
続いて同フロアにあるパンの販売所にも。

こちらの本店は宿泊先からも近いので、実店舗の方に行けるのですが、パンは別の店で全力を尽くすので「目の前にあるし」とか「ついでだから」な感じになります。

ただ、その別格のお店を度外視すれば、個人的にトップクラスのパン屋です。



お試しセット:1080円

単品で普通に販売されてますが、積極的に買う気分ではないので、ちょうど良さそうなセットを。



袋に入ったパンは少し抵抗ありますが、原材料が細かく書かれているのだけは良いかなと。

しかし、すごい種類の素材が入ったパンもあるものです。



チャバタ

淡いクリーム色でキタノカオリ100%だそう。
国産では最も香る小麦の印象で、ブレンドではなく単一なのでとても良い香りです。

もっちりして適度な水分量で、そのままでも一気に食べれます。



パン オ ノア

クルミだけでなくピーカンナッツも入っているよう。
クルミの成分が染み込んで少し赤みがかっており、この色のクルミパンは安定感あります。

こちらのクルミパンは初めてですが、ハード系にしては珍しくジャガイモやラードを練り込んでいるよう。
変わった風味や食感があり、なおかつ口溶けは驚くほど良いです。



パン ド フリュイ ルージュ

かなり黒ずんだ色ですがベリーだけで3種類。
それぞれ洋酒漬けされ香りが引き立ち、甘みよりも酸味が強めの仕上がり。

こちらはガリッとハード系らしい口当たりですが、やはり口溶けは素晴らしく、食べていて気持ち良いほど。



パン オ ヴァン

おなじみの赤ワインを練り込んだ生地にたっぷりのナッツとドライフルーツ。
個人的にこれはパンではないと思いますが、食べ物として1つの完成系だと思います。


もう1つがパン オリーブでしたが、ちょうど良い大きさだったので、開封したらつい口に入れてしまいました。
オリーブの香りがとても良く、生地にも馴染んで美味しかったです。


やはりハード系なら唯一無二の印象です。
まあ、パン5切れで1000円なので、当たり前とも言えますが (;´∀`)

記念日に通販購入も良いかなと思います。



2016年9月20~22日 東京旅行
日記
お多幸(中央区:おでん)
小田保(中央区:食堂)
天房(中央区:食堂)
高はし(中央区:食堂)
さのきや(中央区:甘味)
ターレットコーヒー(中央区:コーヒー)
うさぎや(中央区:和菓子)
オーボンヴュータン(中央区:ケーキ)
シニフィアンシニフィエ(中央区:パン)
イデミスギノ(中央区:ケーキ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
オギノ(世田谷区:フレンチ)
茂右衛門(国分寺:ケーキ)
茂右衛門
茂右衛門
茂右衛門
うさぎや(杉並区:和菓子)
みつや(杉並区:角打ち)
シンチェリータ(杉並区:ジェラート)
オリーヴォ(品川区:オリーブオイル)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

VIRON(東京都渋谷区) 

2016/02/11 Thu 17:00訪問
ヴィロン 渋谷店

original112.jpg
今回の旅の2日目は、前夜に買った約20個のパンとお菓子で朝・昼の食事を。

他の予定は、ジムで運動→イベント見学で旅行終了でしたが、せっかく渋谷の中心に来たのでパンの有名店へ。

最高のパンを食べており、それと比較する事になるので厳しいですが、
渋谷での食事はリスクが高いので、帰りの新幹線で食べるために買ってみました。

夕方でもお客さんは多く、欠品無しどころか、どんどん補充されている勢い。
9時~22時の営業らしいですが、もしかすると売り上げだけなら日本一ですかね (;´∀`)

バゲット以外は食べたい感じではなかったですが、数品買ってみました。



クロワッサン:346円


クロワッサンは焼き加減違いで2種類あり、こちらは焼きが強いバージョン。

バリバリッとした噛み応えで、中はしっとり感はあるもののバターの風味は弱め。
見た目には焦げを感じるほどではないですが、ちょっとネガティヴな苦味や臭みがあります。

サイズはかなり大きいものの物理的に軽いので、味も含めてかなり割高感あり。



クロワッサン・ドゥー:346円


こちらは焼きが浅いバージョンで、食感はさらに軽くなり、苦味もなくなり。

バターは水分が飛ばないからなのか、最初から多めなのか、焼きが強い方よりは香ります。
それでも控えめで、エシレバター使用だそうですが、美味しさは感じられません。



ショーソン・ナポリタン:410円


ちょっと見た目から怪しかったですが、パリ空のナポリテーヌと比べてみるため購入。

折りパイは焼き込みすぎて苦味しか感じず、カスタードはほとんど風味なく。
ラムレーズンが入っており、それだけ美味しくてなんとか食べれました。



ボストック・ア・ラ・ピスターシュ:389円


ブリオッシュ生地はラムがしっかり浸され、程よいしっとり感で香りも良く。

ピスタチオのダマンドは風味が弱めで、トッピングのアーモンドは香ばしく。
フランボワーズジャムは酸味が控えめで、甘みが押してきます。

パンよりはお菓子ですが、美味しいボストックでした。



セーグル・フィグ・ドゥ・ミ:389円


品目からはイチジク入りのライ麦パンですが、ライ麦と小麦は半々くらい?
かなり固くてカットも一苦労でしたが、食べると口の中が切れる恐れがあるほどカチカチ。

イチジクは大きめの物が3つ入り、味・食感ともに良く。
生地の香りも良いですが、完全に焦げた表面は苦く、全てを台無しにしている印象。

ちょっと気になって覚悟の上で買ってみたましたが、さすがにこれは失敗作だと思われます。



バゲット・レトロドール:378円


「ヴィロン」はフランスの製粉メーカーで、パンには最高の小麦粉だと思いますが、
そのレトロドールという粉を100%使用したバゲット。

しっかりとしたクープが入ったクラストは、カッチリとして香ばしく。
クラムは力強い弾力があり、保水高めでしっとり・もっちりと。

食べる前から小麦の香りが良く、食べてみるとさらに良いといった感じで、そのまま1本食べれました。


クロワッサンに関しては、味/値段/サイズの3つを補正すると、個人的には最低レベルです。
しかし、困ったことにバゲットは好みの感じで、最高レベルです。

いつもこの感じか分かりませんが、大人数で大量生産していれば、品質のバラツキや低下は起こりえるかと。 

まあ、他の有名店で食べると、いかにパリ空が美味しく、さらに安すぎることが分かります。
良い店かどうかの判断は、結局のところ比較論になる部分が多く、いろいろ食べてみて気付くこともあります。

こちらは、また機会あれば、焦げてないバゲットだけ買えたら良いかなという感じです (;´∀`)



2016年2月10,11日 東京旅行
日記
一幸庵(文京区:和菓子)
群林堂(文京区:和菓子)
エーグルドゥース(新宿区:ケーキ)
エーグルドゥース(新宿区:ケーキ)
馬場南海(新宿区:食堂)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下(世田谷区:パン)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
ヴィロン(渋谷区:パン)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム