雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

OGINO(東京都世田谷区) 

2017/05/12 Fri 18:30訪問
オギノ レッドアンドグリーン レストラン


今回の旅のメインイベントへ。
この当日と前日の2日間で特別なイベントメニューをやるとの事で、そちらをいただきに東京に馳せ参じました。

その名も「筋労感謝の日」・・・勤ではなく、筋です。

シェフが某TV番組にて筋肉に効く食事メニューのコーナーを担当しており、それに乗っかったイベントとの事。



筋肉に良い食材を、筋肉に良い調理にて。

代金は6が力こぶっぽいのとの事で、6666円の設定でした。



ワインリストもいつもと違って料理に合う物の案内があり、せっかくなのでその通りに。



食前酒迷ったらこちら!!のスパークリングからスタート。



TABLE OGINO シャルキュトリ盛り合わせ、シニフィアン・シニフィエのふすまパン


まずはアミューズ的な位置づけの、高タンパクで鉄分も豊富なシャルキュトリー。

普段は自家製パンですが、今回は低糖質のパンを特注。発注店は実は近所にあるSSです。



ふすまパン好きではないので、さっさと食べ終えてオギノ自家製カンパーニュのおかわりを。
パンに付け合わせる鶏レバーはバターたっぷりで、レバー食べれない僕が喜ぶほど美味しいです。



前菜のガスパチョとどうぞ!の白。



初カツオのタルタル 沖縄島らっきょ風味 フルーツトマトのガスパチョ


スカッとした酸味のガスパチョソースが美味いのなんの。

カツオに関しては生もタタキも食べたことがないので比較論がない、そもそも人生で食べる事はない予定のものでしたが・・ここで食事していると、食わず嫌いが一切なくなりそうです。



鰻の山椒的な役割を担ってくれます!の赤。


僕のうなぎパイ

うなぎを出すという話は聞いてたものの、これは?・・安易に蒲焼きかと思ってました。


うなぎをパイに見立てて、アスパラ、サーモンのムースをサンド。
かかっているソースはうなぎの頭と骨を酒で煮出したものだそう。


この美味しさは・・・僕には語ったり例えたりする術がありません。
スタンディングオベーションしたい気分でした。



赤み肉との相性間違いなし!の赤。

もう僕はうなぎパイで満足してしまい、この後はパンかじりながらワイン飲んで終わりでも良いかなと。
きっとあれ以上の料理なんてないし、この後で何が出てきても霞んでしまいます。

なんて気分でしたが、サービス係の「はい、ドーン!」という掛け声とともにメイン料理登場。



プライムビーフのステーキ スモーク山わさびのソース

あれ?僕は1人ですが・・


1切れが普通に1人前分のステーキかと思われますが、4~5人前くらい?
しかも、他のお店ならメイン級の料理を3皿食べた後に・・です。

赤身のモモ肉を、さらに全ての脂を取り除いての究極の赤身肉。
この厚みなので、ミシミシ・グイッと嚙みちぎってガツガツと食べ、口の中も腹の中もアミノ酸の大爆発。

それでも真っ赤な肉はさっぱりして、食欲をそそるわさびや燻製香のソースで最後まで美味しく食べれます。

それにしてもアゴが疲れました。 美味い肉をアゴが疲れるほど食べれる幸せ。



もちろんワイン足らないのでおかわりは2杯。



マンゴーとパッションフルーツとテリーヌ マンゴーのソルベ

果汁100%とはこの事かと、完熟マンゴーの味しかしません。



余韻に浸りながらの食後酒はキルシュを。



来て良かった、食べれて良かったです。

こんな完璧なアスリート食はもう食べれない、食べれるとしたらまたこのお店だけですね (´∀`)



2017年5月11~14日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
15℃(渋谷区:モーニング)
365日(渋谷区:パン)
パンとエスプレッソと(渋谷区:モーニング、パン)
ル・ルソール(目黒区:パン)
オレンジカウンティ(世田谷区:クレープ)
ラトリエ・ドゥ・プレジール(世田谷区:パン)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
オーボンヴュータン(世田谷区:ケーキ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
シンチェリータ(杉並区:ジェラート)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆_オギノ(東京:フレンチ) 
TB: 0    CM: 0   

Gelateria Acquolina(東京都目黒区) 

2017/05/12 Fri 14:00訪問
アクオリーナ


続いてジェラートを。

今回も3種盛り:630円を2セット。



カルダモン、ノーチ、ヴァニリア・タヒチ


「カルダモン」はミルクベースなので、お茶成分がなくてもチャイっぽい感じがあります。
優しい甘みから突如ズバッとくるスパイス感。

「ノーチ」はクルミ。ロースト浅めな感じで渋みのある風味も。
ザラりとした舌触りで、何となくですが、ナッツより木の実と言った方がしっくりする感じです。

「ヴァニリア・タヒチ」は黄色が濃くてカスタード風。
卵黄っぽさが強めで、期待したバニラの香りは弱く、カスタードの品名で良いかなと。



メーロ・プロセッコ、しらぬい、プラリュ・マダガスカル


「メーロ・プロセッコ」はりんごとスパークリングワイン。
アルコールは飛んでおりぶどう酒の感じはなく、とても爽やかなりんごのソルベといった感じ。

「しらぬい」はデコポン系の柑橘。
前回食べたマンダリンの物よりさっぱり・スッキリしたオレンジの味わい。

「プラリュ・マダガスカル」はプラリュというメーカーのマダガスカル産カカオのチョコレート。
ミルクも入っていると思いますが、苦味も酸味もしっかり感じられチョコよりはカカオ。


品名からではイメージできない物ばかりですが、奇をてらうわけではなく実際はシンプルに。
何を食べてもなるほどと納得するような美味しさがあります。

東京での主な行動範囲に近いので、今後も定番コースになりそうです。



2017年5月11〜14日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
15℃(渋谷区:モーニング)
365日(渋谷区:パン)
パンとエスプレッソと(渋谷区:モーニング、パン)
ル・ルソール(目黒区:パン)
オレンジカウンティ(世田谷区:クレープ)
ラトリエ・ドゥ・プレジール(世田谷区:パン)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
オーボンヴュータン(世田谷区:ケーキ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
シンチェリータ(杉並区:ジェラート)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆_アクオリーナ(東京:ジェラート) 
TB: 0    CM: 0   

L'atelier de Plaisir(東京都世田谷区) 

2017/05/12 Fri 12:00訪問
ラトリエ ドゥ プレジール


続いてもう1軒パン屋へ。
ハード系なら最も好印象なお店ですが、こちらもなかなか行く機会なく久しぶりに。

開店10分ほど前に行って2番目。開店時には7組ほどの並びでした。



復刻パヴェ:400円


クラストは極めて薄く、クラムは凄い加水量でベチャべチャしないギリギリな感じ。
食感は焼いてない状態の餅をかじったような歯切れと弾力のイメージ。

小麦の香りは強く、甘みと酸味が交互にやってくるような感じで、シンプルながら深みのある味わいです。



ミューズリー エ フィグ:360円


ミューズリーは見た目の印象は薄いものの、食べてみると独特の歯応えと風味。
全体量の半分近くを占めそうなイチジクの主張ももちろん強烈。

まさに穀物と果実を食べていると実感させる物です。



アミティエ(1/2):1264円

1g:4円で、好きな量にカットしてもらっての量り売り。
その都度内容が変わる商品だと思いますが、この時は母の日イベントでラベンダーのパン。


その中身はドライフルーツぎっしりで、パンなのかフルーツ盛り合わせなのかというレベル。

固すぎないハード系で、中は果汁分もあってしっとり、少しモサッと。
生地の全体にラベンダーが香り、フルーツと重なって相乗効果もありますが、パンとしてはややしつこさも感じます。



パン オ フリュイ ルージュ2017(1/2):1148円

こちらは1g:3.5円。
ずっと2014という品名だったように記憶してますが、ついに変わったようです。


水を使わずぶどうの果汁のみで作られた生地に、こちらもナッツやドライフルーツがぎっしりと。
以前は入ってなかったカカオニブが蛇足な気もしますが、ここでしか食べれない美味しさの物です。



ラベンダーのクグロフ(小):690円

生地自体にラベンダーが香り、スポイトにはラベンダーの蜂蜜入り。


表面の揚げたような香ばしさから、中はたっぷりのバターでしっとり、シュッと消えるような口溶け。

コク深く風味豊かな生地に、ブワッと香りの広がるラムレーズン、爽やかなオレンジピールの華やかさ。
強烈な主張を放つそれらの中に、ホッと一息つけそうな優しく穏やかなラベンダーの芳香。

パンがなくてもケーキがなくても、これ1つあれば良いのではと思わせるほど美味しかったです。


何となくですが、こちらのシェフが本気で作るお菓子を食べてみたいなーと感じました。

どれをとってもかなり独特で、唯一無二の存在感のあるお店です。



2017年5月11〜14日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
15℃(渋谷区:モーニング)
365日(渋谷区:パン)
パンとエスプレッソと(渋谷区:モーニング、パン)
ル・ルソール(目黒区:パン)
オレンジカウンティ(世田谷区:クレープ)
ラトリエ・ドゥ・プレジール(世田谷区:パン)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
オーボンヴュータン(世田谷区:ケーキ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
シンチェリータ(杉並区:ジェラート)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆_ラトリエ・ドゥ・プレジール(東京:パン) 
TB: 0    CM: 0   

ORANGE COUNTY(東京都世田谷区) 

2017/05/12 Fri 11:30訪問
オレンジカウンティ


続いて祖師ヶ谷大蔵にラン移動し、気まぐれでクレープを食べる事に。
クレープには良い思い出がないのですが、かなり有名らしいのでちょっとだけ期待をして。

訪問した店頭はお店の裏側になるのか、すぐ調理場があってテイクアウトの受け渡しのみ。
そこから奥の方にイートインスペースらしきテーブル席が見えました。



メニューは相当量あるように見えて、生クリーム、カスタード、ダブルクリームのいずれかを決め、そしてトッピングを数パターンから選ぶ感じになり、実際はそれほどでもない感じ。



生クリーム・ピーチ・パイン・みかん:450円

走ってきて暑かったので爽やかそうなフルーツ系にしましたが・・予想以上に大きなサイズ。



トッピングは上部だけかなと思ったら、中までまんべんなく入ってました。


そしてクリームもパンパン。
この量の"生クリーム"をこの価格で出せるのか?と疑うしかないようなボリュームです。

そんなクリームは自家製なのか軽くて希薄な味。
明らかな油脂っぽさはないものの、乳脂肪分もちょっと微妙な印象。

生地はもっちりしているものの風味は弱く、フルーツは缶詰め。
構成のほとんどがクリームに偏ってる感じで、さらにクリーム増量が+50円ごとに3段階あるよう・・・

質より量で、クレープと言うか、クリームをひたすら食べたいのなら良いかと思います (;´∀`)



2017年5月11〜14日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
15℃(渋谷区:モーニング)
365日(渋谷区:パン)
パンとエスプレッソと(渋谷区:モーニング、パン)
ル・ルソール(目黒区:パン)
オレンジカウンティ(世田谷区:クレープ)
ラトリエ・ドゥ・プレジール(世田谷区:パン)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
オーボンヴュータン(世田谷区:ケーキ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
シンチェリータ(杉並区:ジェラート)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Le Ressort(東京都目黒区) 

2017/05/12 Fri 9:00訪問
ル・ルソール


続いてもパン屋に。

こちらは約2年ぶり2度目で、前回は好印象だったものの、東京のパン屋は1店行ければ良いので再訪しませんでしたが、今ならどんな風に感じるかなと少し買ってみる事に。

9時開店の少し後でしたが、商品はほぼ出揃っているようでした。



クロワッサン:220円

前回とは形が変わって焼きも強くなり、ごく普通な感じに。


シャリシャリッと軽い表面の皮1枚を突き破って、バターがジュワッと。
このスタンダードなタイプのクロワッサンとしては美味しい方ですが、面白みのない優等生タイプです。



クロワッサン オ ザマンド:300円


ラムシロップが打たれ、中にダマンド、表面にアプリコットジャム、さらに薄いグラスがけ。
かなり甘く、風味としてはほとんどアプリコットですが、お得感もあり美味しいです。



パン オ フィグ:280円

イチジクの形になったイチジクパン。


先端はガリガリに、メイン部分はスタンダードなハード系。
白イチジクがプチプチッとして、生地とも馴染んで穏やかな甘みです。



オリーブ:350円


生地はそば粉が入っているそうですが、言われてみれば香るかな程度。
酸味の強い大きな黒オリーブがポツポツ入って、おつまみ用のイメージです。



バゲット:300円


この時は北海道小麦と湘南小麦のブレンドとの事。
ちょっと怪しい気がしましたが、香りも食感も荒々しさを感じるほどの力強さ。

オリーブオイルよりはバター、カットせず雑にかじって食べるのが似合うかなというイメージでした。


やはり2年経っていろいろ食べて、特別には惹かれない印象になってしまいましたが、希薄な風味の国産小麦にこだわりながら存在感のある味に仕上げているのは凄いかなとも思います。

また2年後くらいに試してみたいです。



2017年5月11〜14日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
15℃(渋谷区:モーニング)
365日(渋谷区:パン)
パンとエスプレッソと(渋谷区:モーニング、パン)
ル・ルソール(目黒区:パン)
オレンジカウンティ(世田谷区:クレープ)
ラトリエ・ドゥ・プレジール(世田谷区:パン)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
オーボンヴュータン(世田谷区:ケーキ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
シンチェリータ(杉並区:ジェラート)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆_ル・ルソール(東京:パン) 
TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム