雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

Prelude(岐阜県岐阜市) 

2017/07/29 Sat 10:45訪問
プレリュード


続いて鉄板の定番へ。



商品はガラリと変わったりしませんが、季節ものもチラホラと。
こんなボードもどこか昭和っぽくて和みます。

こちらではイートイン&テイクアウト。



店内も昭和の喫茶店っぽくて良いです。



ミルフィーユ:416円

作るのは簡単ではないと思いますが、見た目としては極めてシンプル。


ビター感もある香ばしさ×しっかりした甘み。
ザクザクした歯応え×ねっとりした口当たり。

パイ×クリームの対極にある風味や食感が、絡み合いながらズンズンとやってきます。

味だけでなく、量や価格との兼ね合いも含めてずば抜けて良いです。



ブランマンジェ:378円

こちらでは初めて食べるアーモンドのババロア。


表面はプルンとしつつ、とても滑らかな口当たり。
優しいミルキーな味とビターなアーモンドの風味、ふわりとキルシュの香り、コクのあるカスタードソース。

こちらも作るのは難しそうですが、見た目はシンプルで、しっかり深みのある美味しさです。



マカロンアイス・バニラ:302円

夏の定番メニューのようですが初めて食べました。
とりあえずの第一印象はけっこうデカいなと。そして、これはマカロンなのか?と。

数分置いて少し溶けたくらいが良いとの事ですが、ほとんど溶けなかったのでカッチリしたままで。

生地はサクリとした歯切れから香ばしさが広がり、一般的なマカロンではなくナンシーのマカロンの系統。
アイスはミルクと卵黄のコクからブワッとバニラの香りが抜けます。

生地の美味しさとアイスとの相性まで含めてかなりの完成度を感じられ、これは予想を超えてました。



マカロンアイス・レモン:302円

ラインナップは、グラス(アイスクリーム)系がバニラ、チョコ、キャラメルの3種。
ソルベ(シャーベット)系がレモン、パッション、フランボワーズの3種。

ソルベは出来上がっているのがレモンだけとの表記があり、どういう意味か分かりませんが今回はレモンで。

こちらはシャリッとした口当たりから鮮烈なレモンの甘酸っぱさ。
思いっきりレモン果汁といった感じで、ズバッとくる香りや酸味が爽快です。



午前中にイートインすると焼き菓子のサービスがあり、飲み物がタダ同然のようなものです。

欠点が何もなく、普段使いとして近所に欲しいお店ではNo.1です (´∀`)



2017年7月29日
ダリオール(神戸町:ケーキ)
プレリュード(岐阜市:ケーキ)
プレリュード
ニコリス(可児市:ケーキ)
エピ(春日井市:パン)
ポルカ(尾張旭市:パン)
べべ(東郷町:ケーキ)
べべ

category: 岐阜

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆_プレリュード(岐阜:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

La ptisserie Dariole(岐阜県安八郡神戸町) 

2017/07/29 Sat 10:00訪問
ダリオール


またケーキ屋巡りにて岐阜へ行き、今回は9ヶ月ぶり2度目となるこちらからスタート。

モーニングやランチなど幅広くやられており、お店の雰囲気からしても、徐々に質が落ちる(落とす)タイプのお店ではないかとのイメージがあって少し遠のきました。

しかし、公式のFBを見ると食べてみたい物がいっぱい上がっており、今回はこちらを一番の目当てに。

9:30オープンの直後でしたが、商品はだいたい揃っており、半分くらいは一般や子供向けの洋菓子、もう半分くらいがマニア向けなフランス菓子といった感じ。

周囲一帯は田んぼという田舎町にて驚きのラインナップです。



食べたかったもの6品とダックワーズ。

この時はイートインスペースはモーニングのお客さんでほぼ満席な感じでした。



レクレアスィオン:520円


スパイシーな生地ですが、香辛料の"辛"ではなく"香"と言ったスパイス感。
華やかな杏子とピスターシュのムース、フランボワーズの甘酸っぱさ、周りを覆ったメレンゲが甘みを加えます。

食感は軽めながら香りに重厚感があり、複雑な美味しさのあるお菓子です。



プレズィール:500円


ほろ苦いコーヒー味の生地やクリーム、ふわりと抜けるウイスキーの香り。
生地やサイドに散りばめたナッツの香ばしさと、マスカルポーネの酸味のアクセント。

コーヒー、チョコレート、ウイスキーがメインですが重苦しさはなく、まさに嗜好品と言ったお菓子です。



ムース・ノア・ドゥ・ココ:400円


ふんわりした軽さの中に芯のある生地。
そしてムースはとことん軽い口当りで、柔らかなココナッツの香り。

しっかり美味しさはあり、夏にとても良くさっぱりと食べられます。



バジルとミントの小さなたわむれ:480円

初めて食べますが、品名も見た目もインパクト大な一品。


ピスタチオのダックワーズは風味弱めですが、刻んで散りばめられたバジルが生地にまで入ってます。
フルーティなシャンパンムースからもたっぷりのバジル、さらにミント、マンゴー、フランボワーズと。

クセの強いハーブ系をここまで入れて、甘いお菓子として成立するのかと疑問でしたが、完璧に成立しています。
もしハーブがなくても美味しいお菓子と思いますが、なくてはならない物にすら感じられました。



抹茶とオレンジの心穏やかなお菓子:480円

なんとも意外な組み合わせ。


オレンジと抹茶は共にバタームースで、軽くて重いコクと口当たり。
生地はセンターにビスキュイ、底にダックワーズでこちらは共に軽め。

オレンジは爽やかに、抹茶はほんのりとした苦味ですが、そこまで主張は強くなく。
トップのオレンジのジュレにキャラメルの風味があり、全体的にビターに感じました。

相乗効果と言うものは感じませんが、不自然さも全くないです。



不倫の味のひとつ:480円

久しぶりに見ました。


ココナッツのダックワーズ生地、ふわりと八角が香るチョコレート。
コクがありシュッと溶けるパッションのバタームース、ハッとするような酸味のジュレ。

エキゾチックで魅惑的ですが、爽やかな不倫の味なのかなとも思います。


真面目なお店で修行された方のお店だけあり、失礼な心配でした。
どれも美味しく、しかも安く、個人的にはじゃまくさい飾りが乗っているくらいしか欠点がありません (;´∀`)

まだ食べた事のない物もいろいろ出そうで、これでまた岐阜に行く楽しみが増えました。



2017年7月29日
ダリオール(神戸町:ケーキ)
プレリュード(岐阜市:ケーキ)
プレリュード
ニコリス(可児市:ケーキ)
エピ(春日井市:パン)
ポルカ(尾張旭市:パン)
ベベ(東郷町:ケーキ)
べべ


category: 岐阜

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆_ダリオール(岐阜:ケーキ) 
TB: 0    CM: 4   

VOXの炭酸水 

最近はめっきりと、スーパー・コンビニで売られる缶やペットボトルの"ジュース"という物を飲まなくなりまして、飲み物と言えば酒or水です (;´∀`)

炭酸飲料であれば、ビールor炭酸水のほぼ二択という事になります。



基本的に通販でしか売ってませんが「VOX」という炭酸水。

"超"強炭酸なる、世界最高レベルの炭酸充填だそう。



謳い文句通りなかなか強いですが、ウオッとかなるほどではありません。

何が良いかと言えば・・まず安いです。
ネットの販売価格だとウィルキンソンより1本あたり10円以上安く、Amazon定期便なら1本あたり61円。

味はなく、お酒に割ったり、そのままなら爽快感だけを求めて飲むものなので、安さが正義です。


そう言えば、最近はペットボトルの水も芳香剤みたいな物が入っているものが多くなりましたが、こちらも例に漏れず5種類ラインナップされており、これはプレーンとなっています。

「水」にプレーンとかフレーバーとかあっていいのかって話ですけどね。
ジュースや酒は嗜好品なので仕方ないですが、水に食品添加物入れて、それが人気になるとは世も末かなと感じます。


話を戻して、炭酸には疲労回復効果があるのではないかと。
ドリンクとしての摂取もですが、スーパー銭湯などの炭酸泉も少し効果を感じます。

毎日数本の炭酸水とビールを飲んでる僕は、異常なほど疲れ知らずでして・・・少しは信憑性があるかと (・∀・)


category: ソフトドリンク

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 4   

サントリーのモルツとプレモル 

モルツのイメージと言えば、かなり古いですが「うまいんだな、これがっ」ですね。
あとはモルツ球団ですが、サントリーくらいならガチで球団買えそうな気も。

モルツの原材料は、米やコーンなど入らず麦芽とホップのみで、大手のスタンダード価格の物では、モルツとキリン一番搾りだけが"麦芽100%"なるアピールができる仕様です。



ザ・モルツ

大手のメジャーな商品としては、スーパー・コンビニに置かれている率が最も低いと思われます。

パッケージだけでなく、味の方もマイナーチェンジを繰り返してますが、現行のものは何か不自然な、大麦の麦芽100%のラガーとは思えない妙な甘みを感じます。

エグミを取り除いて飲みやすくしたのだと思いますが、それなら麦芽100%の必要がないし、ターゲットをどのような層にしているのか謎。

スーパードライやキリンラガーなどはビールとして美味しくなくても、一貫性と狙いがはっきりしてますが、モルツは何がしたいのか良く分からない印象です。



プレミアムモルツ

ちょっとだけ高級品な位置づけで、大手ではエビスと同じような分類になります。
結論から言うと、良くも悪くもこれの存在がスタンダードのモルツを微妙な物にしてしまった感じ。

3月にリニューアルがあり、また穏やか路線に行くんだろうなと予想してましたが、苦味やコクが増して、やや万人受けしにくい方向に行った気がします。

何か1つが特徴的ではなく、グラフで表せば綺麗な形になりそうなバランスですが、ビールらしいビールです。



プレミアムモルツ 香るエール

ラガーではなくエールビール。こちらは4月にリニューアル。

もともとエールにしてはフルーティさに乏しく、香らないエールでしたが、リニューアルされても相変わらず。
少し香りは強くなった感もありますが、全体的にスカスカした印象を受けます。

これもプレモルの名で出しているために制限が出るのだと思いますが、はっきりした違いや特徴がないのなら、あまり存在意味はないかなと。

どうしてもエールを飲みたい気分なら、少し高くても「よなよなエール」か外国製が良いです。


スーパー・コンビニだと選択肢が少ないので、実際に買って飲むのが多いのはエビスに続いてプレモルです。
エビスだと重すぎる気分ならプレモル、それも重いなら何でも良いかなと。

プレモルは、いかにも国産大手のちょっとだけ高級モデルみたいなイメージです。


category: ビール

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

2017夏旅:4日目 

4日目は清里へ。

昨日の段階では、清里拠点に2日滞在してサイクリング&ランニング予定でしたが、明後日16日は完全に雨のようなので、明日で帰る事に。

短縮するので清里もさらっと行って終わりにし、その後は長野に向かうプランに変更。

そんなイマイチ上手くいかない旅なので、今回はランニングもサイクリングも中止に。


今朝はゆっくり出発し、まず清里の道の駅へ。
数km離れたパン屋までラン予定でしたが、走るのはヤメたので、Newシューズの慣らしがてら散歩で移動。



と言っても、徒歩しか行けないルートを選ぶと、相当に険しい道のりに。



山奥にあるこだわりのお店・観光エリア・別荘地と、危険要素が3つもあるパン屋ですが、安全と言うか健全です。



けっこうな標高を登って下りて1万歩くらい。

続いて5kmほど離れたケーキ屋へ車で移動。



足を踏み入れたくないチャラい観光スポットにおいて、唯一用事があるお店です。



感じの良い接客の奥様に「これから何かのお集まりですか?」と聞かれました (;´∀`)

これらをパンと一緒にどこで食べるかですが・・・



近くのダムでイートイン・・イートアウトか。

ダムは静かで広々としており、よほど有名なダムでない限りあまり人も来ないので、ゆっくり何かをするのに優れた場所です。

まあ、山奥にしかないので、使える場面があまりないですが (;´∀`)



ちなみに周辺も敷地内もランニングの練習場としても優れまして、今回はやりませんでしたが、この道はとりあえずダッシュします。


そして長野に移動し伊那市へ。

お店が開くのにまだ時間があったので、さらにダムカード2枚獲得してから夕食へ。



ソースカツ丼。


ローメン。

どちらもわざわざ食べに行く物ではなかったです。


そして今晩は伊那市の道の駅にて車中泊をし、明日は朝から駒ヶ岳を登山。
車中泊準備を終えて改めて天気予報を見ると、夜中から雨みたいな予報に変化しており・・

となると、他にやる事もなく、行きたいお店もなく。
そもそも南信州なんてその気になれば自転車で行って帰って来れるので、もう滞在する意味もなく。

で、帰りました (;´∀`)

元々こういった状況になる可能性が高いと覚悟の上での旅でしたが、珍しいくらい上手くいきませんでした。

それでも行かなければ良かったと言う事はなく、貴重な体験などもあり、そんなに悪くなかったです。



2017年8月14日
コンプレ堂(北杜市:パン)
アングーテ(北杜市:ケーキ)
大門ダム(北杜市:ダムカード)
高遠ダム(伊那市:ダムカード)
美和ダム(伊那市:ダムカード)
たけだ(伊那市:食堂)
うしお(伊那市:食堂)


category: 旅行記

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム