食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Le Ciel Blue(浜松市中区) 

ル・シェル・ブルー:その2



オレンジのショートケーキ:420円

どのお店でも他の商品より気持ち大きめですが、こちらは正方形に近く、倍くらいありそうな大きさ。


オレンジは果汁がみずみずしく、洋酒の香りもふわりと。
スポンジ生地はわりとしっかりめの食感があり、生クリームもまずまず美味しいです。



オペラ:350円

オペラだけは"ちゃんと"背が低く、どっしりとした重厚感あり。


上部からナイフを押し当てるとジュッと滲み出るシロップ。
エスプレッソらしい苦味や酸味がしっかりあり、バタークリームのコクや口溶けも良く。

オッという部分はないですが、バランス良くまとまりのあるオペラです。



ガトーフランボワーズ:350円


生地はほんのりアーモンド風味、バタームースとチョコレートはどっしりと。
もう少しフランボワーズに力強さが欲しいですが、こちらもまとまり良く美味しいです。



マロンパイ:295円


ダマンドに栗が2粒ゴロゴロッと。グラスがけもあり甘めの仕上がりです。



ダックワーズ:170円

パスッとした軽めの生地に、プラリネはややミルキーな甘みが強めに。



塩・チーズクッキー:170円

チープではない旨みのあるしょっぱい系のお菓子で、お酒飲みたくなります。



ロールケーキ

サービスでいただいた物。


生地はしっかりした密度で、生クリームとカスタードにたっぷりのフルーツで豪華に。
普段は自分では選ばない物ですが、ちゃんとしたお店なら値段しだいで買っても良いかなと思いました。


いつも行くお店と比べてしまうとさすがに劣りますが、この価格帯のお店としてはかなり良いです。
わざわざ目当てに行くことはないですが、近辺に来たら寄っていこうと思います。



2017年9月16日
カセル(浜松市中区:パン)
スギヤマ(中区:パン)
麻や(中区:パン)
ル・シェル・ブルー(中区:ケーキ)
ル・シェル・ブルー
山本パン屋(西区:パン)


category: 静岡

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Le Ciel Blue(浜松市中区) 

2017/09/16 Sat 11:15訪問
ル・シェル・ブルー


ケーキ屋にも1軒と、久しぶりになるこちらへ。

プレリュードで修行された方のお店なので、それらしい商品もいくつかあり。
価格設定は衝撃的で、平均からやや大きめなサイズの物が350円前後のプライスで並びます。

ちょっとテンション上がりすぎて、焼き菓子も含めて多めに買ってしまいました。



たくさん買っても「それだけ?」と思う合計金額でしたが、さらにケーキ1個サービス!

と言っても、前日の売れ残りであり、もし良かったらと。
それでもありがたい事で、前日の売れ残りをしれっと販売するお店ではないことにもなります。



シャンプノワーズ:395円

見た目からは何か変えているわけでなく、ちゃんとした作りでこの価格。


シャンパンムース、バタークリーム、チョコレートとそれぞれ単体での主張が弱いので、フランボワーズの味が最も印象的になってしまいます。

それでも手間や材料費を考えればコスパ高すぎで、この価格のお菓子としてはとても良いです。



ミルフィーユ:395円

円形で高さもあり、プレリュードよりも大きく安いという衝撃。
ちなみにオーダー後に組み立てで、2時間以内に食べるようとの案内がありました。


パイ生地はバターの風味もちゃんとありサクサクと。
カスタードもコクがありますが、バニラがほとんど入らないのでダラッと単調な感じに。

それでも充分に美味しく、価格比であれば満足できます。



フュージョン:350円


口に入れた瞬間はコーヒーの香りがふわり、その後にナッツ風味のバタークリームのコク。
抹茶の生地は乾いた食感でほんのり渋み、最終的にチョコレートの後味が残る余韻。

違和感はなく、名の通り融合しているとも思いますが、んー・・と言った感じ。
他店で食べても同様なので、おそらく個人的な好みではないのだろうなと。



アップルパイ:295円


バター香るサクサクのパイ生地に甘酸っぱいりんごのコンポート。
奇を衒うところのないシンプルなアップルパイです。



クレオル:230円

さっくりしたサブレ生地、ほっこりしたサツマイモの味わい、ホワイトチョコの甘みとオレンジの香り。
季節物の焼き菓子ですが、通年で食べたいくらい良いです。



アンガディーネ:170円

ねっちりしてますが、駄菓子のキャラメルのようにまとわりつく事なく、スッと溶けるような食感も。
味も食感も少しクセがありますが、たまに食べたくなります。



あんずのパウンドケーキ:170円

ジトッとした口当たりで、リキュールの香りもプラスされた甘酸っぱい杏子がしっかり主張します。


後編へ続きます。



2017年9月16日
カセル(浜松市中区:パン)
スギヤマ(中区:パン)
麻や(中区:パン)
ル・シェル・ブルー(中区:ケーキ)
ル・シェル・ブルー
山本パン屋(西区:パン)


category: 静岡

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

La Boulangerie ASAYA.(浜松市中区) 

2017/09/16 Sat 11:00訪問
麻や。


続いて浜松では最も好印象のこちらへ。

バゲットなどのハード系を食べてみたいのですが、今回もまだ出ていませんでした。



クロワッサン:194円


パリッとした歯切れからジュッと発酵バターのコクが染み渡るように。
粉やミルクからの自然な甘みもジワジワときて、なかなか良いです。



麻や。バターロール:119円


テカテカとツヤが出て、とてもきっちりした成形。
ほぼ味がないような入りから、じわりとミルクの風味、ハチミツの甘み、バターのコクがやってきます。



チーズクッペ:254円


カリッとした表面を抜けると反発するような弾力のある生地で、風味はあまりなく。
チーズは何種類か使用していると思いますが、とても濃厚で、パンのような食感のチーズを食べている感覚です。



クロッカン:205円


ジワリと沈み込みながら、ググッと跳ね返ってくるような食感。
しっかり甘めですが、ところどころにクルミのアクセント、底のキャラメリゼが苦味を加えて単調になりません。



ポワール:292円


たっぷりバターの入った生地、たっぷり詰まったカスタード、たっぷりの洋梨。
お腹が減ってないと重すぎるであろう、良い意味でのボリューム感があります。



フリュイ:259円


あんドーナツのような見た目ですが、ブリオッシュ生地にドライフルーツとアーモンド。

生地は玉子とバターの風味たっぷりでコクがあり、シュッとした口溶け。
ラムレーズンとオレンジピールの華やかさに、そのままコロッと入ったアーモンドのアクセント。

砂糖が多いのでしっかり甘いですがしつこさはなく。
菓子パンではなくパンのお菓子みたいなイメージです。



シナモンポムとカシュー:313円

天然酵母使用のパン。


ハードな生地でもスッとした歯切れから心地よい口溶け。
シナモン風味のドライアップルは少量ですが、たっぷりのカシューナッツに負けない主張。

これはかなり良いです。



ベリーフロマージュ:324円

こちらも天然酵母で、ライ麦ブレンドの生地。


生地自体に酸味はないですが、クランベリーとブルーベリーが染み渡って全体的に爽やかな酸味の印象。
クルミのアクセント、クリームチーズもぐるりと入って味と食感に深みを持たせています。


全体的に、見た目からのイメージの少しだけ上を行く感じ。
そういったお店はなかなか無く、ワクワクさせてくれるお店です。



2017年9月16日
カセル(浜松市中区:パン)
スギヤマ(中区:パン)
麻や(中区:パン)
ル・シェル・ブルー(中区:ケーキ)
ル・シェル・ブルー
山本パン屋(西区:パン)


category: 静岡

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆_麻や。(静岡:パン) 
TB: 0    CM: 0   

Boulangerie Sugiyama(浜松市中区) 

2017/09/16 Sat 10:45訪問
スギヤマ


続いてこちらへ。

今回は商品も出揃っている感じで、種類は多いものの、ほぼ以前の訪問時と変わらない印象。
これまでの経験から大きくハズレない事は分かってますが、だいたいの味のイメージもできてしまいます。

そのため魅力的に感じる物はなく、良くない意味で選ぶのに悩みました。



クロワッサン:160円

この日は雨だったのもあるかもしれませんが、訪問のたびに焼きが強くなり、がっしりした見た目。


そんな見た目通りサクッ・ハラッではなくガシガシした食感で、苦味や焦げ臭さもあり。
バターも少なめで、単体で食べるのではなく、惣菜などをサンドした方が良さそうなクロワッサンです。



ショコラ・オザマンド:230円


上にも中にもダマンドたっぷり、スライスアーモンドもたっぷり、バトンショコラは1本。

表面はカリカリに焼き込まれ、ググッと反発しながら沈み込んでいくような歯切れの食感。
スライスアーモンドの香ばしさやバターのコクもありますが、主に甘み成分の押しなのでやや単調。

それでもサイズ比でかなり安く、お得感はあります。



パン・オレ:50円


ふわふわで、ほぼミルクの風味だけのシンプルさ。
水も入ってないと思いますが、パサつきもなくすんなり食べられます。



ベーコンと玉ねぎのキッシュ:300円

スタンダードなキッシュロレーヌ。


なんだかスパイシーと言うか調味料が強めで、主な素材とは別の旨みがあります。
分かりやすい美味しさにはなりますが、個人的なこのお店のイメージではらしくない印象でした。



洋なしのデニッシュ:260円


洋梨はシャキッとした食感で、全体量のバランスとしてやや物足りなさあり。
生地もカスタードもパッとせず、他店の物と比較すると特別良い部分はなかったです。



和栗のデニッシュ:260円


生地は折り込みにしては弾力があり、少し引きもある食感。
フィリングはカスタードの風味のあるマロンクリームに渋皮煮で、ホクホクではなくジュワジュワな印象。

甘みだけを押し出したような栗の使い方でした。



パン・トラディショナル:250円


クラストはパリッと、クラムは少しモサモサと。
ライ麦の香りがあり、全粒粉も目で見て分かるくらい入っており、どこか味わいに落ち着きがないかなと。

狙ってそういうパンを作るのなら、トラディショナルという品名はおかしいかなとも感じます。


全体的には、やはりハズレというものはないです。

今の自分の好みからは外れてしまうので再訪はないかもしれませんが、真面目な良いお店だと思います。



2017年9月16日
カセル(浜松市中区:パン)
スギヤマ(中区:パン)
麻や(中区:パン)
ル・シェル・ブルー(中区:ケーキ)
ル・シェル・ブルー
山本パン屋(西区:パン)


category: 静岡

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Boulangerie Kaseru(浜松市中区) 

2017/09/16 Sat 10:15訪問
カセル


この日は浜松にパンを買いにお出かけし、今回はまずはこちらから。

朝7時のオープンで、おそらく昼くらいまでの間に焼き上がりしだい順次出していく形式なので、訪問時間によって出ているものが変わりますが、今回は「アレ?」と思う物があり。

後で調べたら、オーナーシェフはトランブルーで修行されていたのですね・・・
パンオタク的には常識と思われますが、これまでそれらしい商品を見なかったので気付きませんでした (;´∀`)

で、今回は種類も多く出ていたので、気になったものはなるべく購入にて。



クロワッサン:173円


このお店のクロワッサンは毎回違う印象ですが、雨の日の今回は軽めの食感。
いつもながらの部分では、生地の風味は良いですが、バターの風味はあまり良くないです。



クロワッサン オ ザマンド:259円


ダマンドは適量で、カリカリに焼き込まれて香ばしさと甘みのバランスも良く。
たっぷりのスライスアーモンドのアクセントに、ラムもふわりと香って、単調にならずに食べられます。



レモンブリオッシュ:184円


ブリオッシュ生地はバターたっぷりの旨みがあり、シュッとした口溶け。
レモンカスタードは爽やかな甘酸っぱさで、優しい甘みの後に酸味が引き締めるイメージです。



フロマージュ:248円


クロッカンぽい生地はクニッとした弾力からクチュッとバターが滲み出るように。
クリームチーズはツンする感じはなく爽やかに、カスタードとともにねっとりして甘めです。



オレンジのデニッシュ:248円

トランブルーの物は知りませんが、これを見たときに「ピエニュじゃん!」と思いました。


みずみずしく弾けるオレンジはコアントローでマリネされてますが、ちょっと印象弱め。
香りは広がらず、狙っているのか苦味の方を強く感じます。

生地も含めピエニュと比べると落ちますが、比べずに単体で考えるなら、価格も含めて良いです。



ブルーベリーのデニッシュ:259円


深い生地の中に、カスタード、ブルーベリーのコンポート、クランベリー、ラズベリー。
この構成でビックリするほど甘く、かすかに酸味の余韻があるくらい。

食べやすさを狙ったのかと思いますが、ちょっと不自然さを感じます。



くるみカンパーニュ:281円


ライ麦と全粒粉もブレンドされているので少しパサつきますが、口溶けがとても良くイーブン以上の感覚に。
クルミで赤みがかった生地の風味は良く、甘みや香ばしさがジワジワきてかなり良いです。



超熟バゲット:248円


薄すぎず厚すぎないクラストはパリッと、クープが入った部分はバリバリッと。
クラムはもっちりしつつ口溶けも良いほうですが、ブレンドの粉の風味があまり好みではないです。



角食パン(1/2):292円

食パンはいつも予約でほぼ売り切れのようですが、スライスされての店売りが1点ありました。


みっちり詰まった生地はイメージ以上の引きの強さとモチモチ感、粘り気のような感覚も。
グルテンと言うか強力粉の印象を強く感じてしまいます。

風味は自然な小麦の香りから、ミルクやバターの軽い風味、ハチミツのような甘みの余韻。
シンプルすぎず、鮮やかすぎる部分もない、個人的には中途半端な印象でした。


トランブルーはそこまで食べてないので言い切れないですが、"系"らしさはしっかり感じられました。
商品はまだ出揃ってないようだったので、11時前くらいに行ける状況ならまた行ってみたいです。



2017年9月16日
カセル(浜松市中区:パン)
スギヤマ(中区:パン)
麻や(中区:パン)
ル・シェル・ブルー(中区:ケーキ)
ル・シェル・ブルー
山本パン屋(西区:パン)


category: 静岡

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム